動画でテニスが上達するテニスストリームTV

ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額550円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額550円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

twitter
ワンポイントコラム

2021-01-25


土壇場でなにを考えるか(2)

前回は「攻めの姿勢を貫く勇気を持つ」ことを話しました。大事な局面で得意なショットを打つために必要なもう一つは「迷わない」ことです。

ゴルフのように止まっているボールではなく、相手の打ったボールを打ち返すテニスでは、どうしてもボールが自陣にバウンドしてから判断しようとしてしまいます。しかし、それでは遅いのです。バウンドしてから判断していては、準備する時間がなくなるからです。

私は、リターンの構えに入る前に、4パターンのレシーブを考えてから・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2021-01-19


道具を使うこと

数年前に聞いた、トライアスロンのトップ学生との会話です。

学生「個々のタイムは全日本チャンピオンと同じタイムが出せます」
私「じゃあオリンピックに出られるね」
学生「それが違うのです」
私「何が違うの?」
学生「自転車の余裕が全然違います」
私「タイムは一緒なのでしょ?」
学生「全日本チャンピオンは70%くらいで自転車を乗れるので、連続して行うと、ランニングのタイムに差が出るのです」

この会話から道具を使う難しさが分かります・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2021-01-11


土壇場でなにを考えるか(1)

次の対戦相手の試合を見るとき、私がもっとも気にしている点は、プレッシャーのかかった場面で、どういうプレーをするかです。平常時には打てていたショットが、土壇場では打てなくなる。それは、そのショットが本人にとって自信を持って打てるショットになっていないからです。では、そのような局面で得意なショットを打てるようにするにはどのようにすれば良いでしょう・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2021-01-05


精神の成長

ドイツの哲学者ニーチェは、精神の成長を動物で例えています。最初は「ラクダ」で、重い荷物を背負いながら耐える期間を経て、「獅子」へと成長します。獅子は、攻撃的で独立心を表しているそうです。最後の成長は、「幼子」で瞬間瞬間を楽しむ心が大切だそうです。

この成長の過程は、テニスの試合で求められる過程に酷似しています。試合の序盤では、まだ自分の調子が出ないケースが多くあり・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2020-12-22


楽しくプレーする

以前テレビで「美味しく食べる」というフレーズを聞きました。「美味しい物を食べる」ではないそうです。美味しく食べるためにいくつかの解釈があります。このことは、「楽しくプレーする」と置き換えることができます。

まず必要なことは、健康な心身です。私が楽しくプレーできるのも、この要因が一番です。お陰様で、ここ20年程・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2020-12-14


「イメージ記憶」を存分に使おう(1)

プロ野球のバッターは、時速150 kmものスピードで向かってくる剛速球を打ち返します。しかしこれは、理論上は不可能な運動だそうです。ピッチャーとの距離が18.44mとして、バッターの脳の反応速度とスウィング速度を計算すると、時速150 kmのボールには間に合わないことになるのです。
 
でも実際には、その剛速球を打ち返すシーンは多々あります。これは運動選手が持つ「イメージ記憶」という運動能力によるものだそうです・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2020-11-30


目的と目標を明確にする(2)

前回、「目的と目標を明確にする」考え方を話しました。今回は少し具体的に説明したいと思います。たとえば試合に負けたときに、負けた理由を私情抜きで分析できるかが大切です。何が
自分に欠けていたかを、あらゆる角度から検証して、他人からの批判をも受け入れる。このような姿勢が大切です。それらを解決する具体策を立てることが目的達成の条件になるからです。

私はレッスンをする際、最初に生徒さんの自己分析を聞くようにしています。ある生徒さんは・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2020-11-16


目的と目標を明確にする(1)

人はよく「頑張ります」と言いますが、これだけでは何も変わりません。これからの運動の何をマスターするために頑張るのか。仕事の何を達成させようと館張るのか。頑張る項目をはっきりさせなくてはいけません。

特に重要なのは「目的」と「目標」をしっかり区別して・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2020-11-05


準備に「これで十分」はない

レッスンではコーチから「打った後は、すぐに構えて!」とよく言われるでしょう。自分のボールの行方が気になって、次の準備が遅れてしまう。そのために返球されたボールをミスしてしまいます。想定外の事態に直面すると、人は慌ててしまうもの。できる準備は事前にすべて済ませておく習慣をつけましょう。

1往復のラリーの中でさえ必要な準備が大切なように、試合に勝つにはさまざまな準備が必要に・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2020-10-27


ラリーを増やす

質問がありました。先日コラムでご紹介した「最低のレベルを上げる」を見た生徒から、「ストロークの最低のレベルを上げるために、どのような練習がお勧めですか」とのことです。「出来るだけラリーを増やして下さい」と答えました。

相手がいない球出し練習は、新しいフォームを作ったり、最高のスウィングを作ったりする際に用いる練習方法です。そのため、ミスをしても構わないというスタンスで練習します。しかし、ラリーは相手がいるので、相手が打てる範囲にボールを打つ必要があります・・・[続きを読む]


コメント(2)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2020-10-19


勝負観を養うとは?(2)

前回、勝負観に長けたプレーヤーの共通点を紹介しました。

<ポジティブなメンタル>
<目的と目標を明確にした考え方>
<最後まで諦めない強い意志>
<相手とのかけひきを楽しむ性格>
<貪欲なまでの技術上達志向>

これらを自分なりに整理して、プレーに集中できる環境づくりをしているのです。なにより大切なのは「勝負する勇気」です・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2020-10-13


団体戦

テニスは個人競技と言われていますが、団体戦もあります。団体戦には、個人競技では味わえない緊張感と喜びがあります。団体戦に出場してテニスヒストリーのページを増やしてみては、いかがでしょうか。

例えば、6人の団体戦に出場したとします。プレーするのは、1人であっても、6人の期待がプレッシャーとなり、緊張感が6倍になることもあります。しかし、この緊張感を乗り越えて勝利した瞬間に、1人の喜びが6人の歓喜に・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2020-10-06


勝負観を養うとは?(1)

「練習では打てるけど、試合になると打てなくなる」と悩むプレーヤーは多くいます。いざというときに緊張して身体が動かない、集中すべきときに注意力が散漫になる、接戦になるといつも競り負けてしまう、相手が勢いづくとすぐにあきらめてしまう……。このような負けパターンの要素が・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2020-09-29


最低のレベルを上げる

プロは最高のレベルを上げる努力をします。最も良いショットを求めて、体力アップを行い、練習をするのです。しかし、一般テニス愛好家は、最低のレベルを上げる努力から行ってください。

例えば、男子プロは、コーナーギリギリを狙った時速200qのサービスを目標に練習します。しかし、一般の方は、最低でも70%入るサービスを目標に・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2020-09-21


大切なポイントでは、すべてを上手くやろうとすると失敗する

前回、ノーアドのレシーバーの考え方を話しました。それまでのプレーを整理して、いい意味で割り切ったプレーでポイントを取りにいく。これが勝者のメンタリティーです。相手サービスをすべて上手く返球しようとしては勝てないのです。

周囲からの目、自分の中にある理想の姿などは気にせず、高確率でポイントを取れるプレー(手段)を選択する・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2020-09-15


技術は残る

嬉しいことがありました。先日、10年ぶりにレッスンを行った方が、変わらないでいたことです。現在進行形で行っている指導が10年後に生かされているかは、分かる術がありません。今回10年ぶりに出会えて再び指導ができたことで、技術は残るということが分かったのです・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2020-09-08


試合で負けない「強い人」とは?

大学生の頃から40年以上、草トーに出場していますが、その世界でも「こいつ勝負強いなぁ!」と思わされたプレーヤーは大勢いました。多くのプレーヤーは、大切なポイントになると「失点しないように」と考え・・・[続きを読む]


コメント(1)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2020-09-01


試合で得るもの

9月になり、少しずつ試合の予定が入っている方もいらっしゃると思います。練習で積み上げたショットを試す場が試合であり、試合で試すことで記憶が定着し忘れにくくなります。この記憶の定着は、練習とは比べ物にならないのです。

例えば、練習ではテーマがあり、そのテーマに沿ってショットを練習するのです。しかし、試合では自分の判断で行うので、新しいショットを試すか・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2020-08-28


「ボールを打つのが上手い人」と「試合に負けない強い人」は必ずしも一致しない

勝負強いプレーヤーになるなら、周囲からの目や自分の中にある理想の姿などは気にせず、高確率でポイントを取れるプレー(手段)を選択すべきです。
 
決して、きれいなエースを奪って勝つことを否定しているのではありませんが・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2020-08-11


諦めたらそこで負け

1月にこのコーナーで紹介した元大関の照ノ富士が、先の大相撲7月場所で幕内優勝しました。並大抵の努力と根性ではなかったかと想像できます。彼の優勝後のコメントで「目の前の1番、1番を諦めずに戦いました」と言っていました。これはテニスでもまったく同じだと感じました。

シード選手など格上の相手と戦うときに、最初から「相手は強いから、ちょっときびしいかなぁ」と思いがちです。しかし・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

コメント質問の方法
最近のコラム

土壇場でなにを考えるか(2)

藤野俊幸のスライスショット操縦術【リメイク版】>レッスン1:スライスが変わる手たたきドリル

道具を使うこと

橋爪宏幸の先手を取るダブルス2【リメイク版】>弱気タイプの攻め方と強気タイプの崩し方

土壇場でなにを考えるか(1)

早川克意のリターンの基礎講座【リメイク版】>第5回:リターンは水平スウィングで確実に返す

精神の成長

橋爪宏幸の先手を取るダブルス2【リメイク版】>パートナーの観察眼で相手の逆をつく

「イメージ記憶」を存分に使おう(2)

早川克意のリターンの基礎講座【リメイク版】>第4回:リターンは「動きながら打つ」が正解


コラムニスト

海老名正明のR40倶楽部

橋爪宏幸の勝利のレシピ

メルマガ担当イチ押しコンテンツ

動画レッスン連動コラム


カテゴリー

テクニック上達のマル秘ヒント

明日の試合で役立つダブルス戦術

ライバルに勝つシングルス必勝戦術

上達を早める思考法・メンタル術

プレー前後のフィジカルケア

パフォーマンスを高める用品情報

コーチの独り言


過去のコラム

2021年1月のコラム

2020年12月のコラム

2020年11月のコラム

2020年10月のコラム

2020年9月のコラム

2020年8月のコラム

2020年7月のコラム

2020年6月のコラム

2020年5月のコラム

2020年4月のコラム


コメント

海老名正明 on ラリーを増やす

etsuetsu on ラリーを増やす

sakai18523 on 試合で負けない「強い人」とは?

橋爪宏幸 on 2種類のボールを使い分ける

橋爪宏幸 on 日常からいろいろ実験しながら練習する

asaeda on 2種類のボールを使い分ける

sekichan1112 on 日常からいろいろ実験しながら練習する

藤野俊幸 on 藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第6回:最速サーブは手のひらを被せて打つ

nakaya0 on 藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第6回:最速サーブは手のひらを被せて打つ

橋爪宏幸 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング >並行陣の縦割フォーメーション

y0312 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング >並行陣の縦割フォーメーション

橋爪宏幸 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング>ストレートアタック時のポジショニング

suzuki727 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング>ストレートアタック時のポジショニング

海老名正明 on 動き出しを良くする

se7120121 on 動き出しを良くする

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

→ページの先頭へ戻る

動画でテニスが上達するテニスストリームTV