動画でテニスが上達するテニスストリームTV

ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額550円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額550円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

twitter
ワンポイントコラム

2020-03-31


試合に備えて

桜が咲きテニスシーズンになりましたが、新型コロナの影響で、スクールが休講になったり、施設が閉鎖していたりして、思うように練習が出来ない方も多くいらっしゃると思います。試合も中止や延期が相次いでいますが、少ない機会で試合に備える、考え方をご紹介いたします。

例えば、ストロークのラリー練習では、テークバックを小さくして、インパクトまでの距離を短くします。短くなったことで、ボールの威力は落ちます。しかし、タイミングが狂いにくくなるので、良い打感を得ることができるでしょう。ボレー練習も同様に、威力よりもタイミングを重視すると良いでしょう。

また、ゲーム練習では・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2020-03-23


日常生活からイライラしない

試合中はメンタルの波があるので、私は気持ちがダウンした時に、より早く切り替えてアップに持っていけるようにしています。そのために日頃から「日常生活で、できるだけイライラしない」ように心がけています・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2020-03-17


大人の上達は考え方から

テニスは身体で表現するスポーツです。身体がバージョンアップすることが、上達なのです。しかし、前回のコラムでもお伝えしたように、加齢と共に、身体の入れ替わるスピードが遅くなりますので、考え方を変えてから練習に臨むことが、大切になります・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2020-03-09


悪いイメージを良いイメージに塗り替える

うまくいかなかったと思った時には、そのショットを塗り替えるみたいに自分の良いプレーをイメージしましょう。口で言うのは簡単ですが、なかなか難しいことです。
 
そこで私は練習の時から「自分がどういう時にミスするのか」「どういう体勢だと打ちやすいのか」など、自分について理解しておくようにしています・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2020-02-24


日常からいろいろ実験しながら練習する

以前は、いろいろな人の話を聞いたり、本を読んだりしていました。そして、どんなことでも受け入れることの大切さを学びました。1度受け入れて、自分なりに消化する。それが試合で慌てないコツだと学びました・・・[続きを読む]


コメント(2)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2020-02-18


オールラウンダーは身体にやさしい

R・フェデラーが、数々の記録を塗り替えていますが、今までのキャリアで途中棄権したことがないと聞いて、驚愕しました。もちろん、30代後半で、トップ選手として活躍している背景に、オールラウンドプレーヤーであることも要因なのではと思っています。

例えば、フォアハンドストロークが得意だからと言って、フォアハンドの練習だけを行うよりも、バックハンドストロークを行うことで、体幹の使う方向が左右均等になるので、ケガのリスクが少なくなりバランスも整い、腕の関節に掛かる負担も少なくなるでしょう。・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2020-02-11


ポイントを取られても前向きに考える

ある試合で、ファイナルセット2-3の1ダウン、相手サービスのゲームでした。相手のドロップショットがネットに当たって、かなり厳しいところに落ちました。私は走って転んで、そのボールを返せなかったけど、なんとか触れたのです。ウエアの砂を払いながら、「返せなかったけど、このボールを触れたことに自分をほめよう」と思いました。もしここで「なんでネットインするかなぁ〜!」と思っていたら、おそらくこの試合は負けていたでしょう・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2020-02-04


脳の活性化

「顔は分かるけど名前が出てこない」というケースが、しばしばあります。これは、脳の神経細胞が20代後半から脱落し始めていることで、自然な現象だそうです。しかし、脳を活性化させることによって、抑制させることはできるのだそうです。活性化の方法が3つ紹介されていたので、テニスに絡めてお伝えいたします・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2020-01-21


グラデーション

テニスは、分かっているけどできないことが多々あります。一つのフォームを習得するまでに、分かってから3ヶ月掛かると言われています。この3ヶ月がグラデーションの時期で、100%(できた)か0%(できなかった)かということではありません。
 
ある方は、「分かった、分かった」と言って、イメージができたら同じ練習を止めてしまいます・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2020-01-13


相手も同じ条件であることを思い出す

良い精神状態でプレーできている時はまったく気にならない周りの環境(風・日差し・雑音)が、妙に気になってしまうことがあります。どんなに風が吹こうとも、どんなに暑くても、これは環境のせいではありません。集中できていない自分自身の問題です。
 
こんな時は・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2020-01-07


課題は宝物

新しい年を迎え、気持ちを新たにして、今年を過ごしたいと思いますが、昨年から継続中の課題がいくつか頭の中に残っていて、年が変わった気持ちになれないでいます。この課題は、すべてスクール生が発信源であり、私の指導者としての宝物なのです。

シーズン中は、フォームの修正などでその場で課題がクリアできてしまうケースもあります。また、戦術面の不足している攻撃パターンや、考え方を指導して、課題をクリアするレッスンも多くあります・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2019-12-30


攻めて犯したミスならOK

ゲームポイントやセットポイントなど大切なポイントになればなるほど、失点した時のショックは大きいものです。しかし、失ったポイントを悔やむことで、その後のポイントやゲームにまで影響を及ぼすのは避けなければいけません。
 
私は、いつも「攻めにいって犯したミスは仕方ない」と・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2019-12-24


今年もありがとうございました。

今年も早いもので一年が終わろうとしています。皆様はどのような一年でしたでしょうか。今年達成できなかった目標や、生徒の「なぜ」という問いかけが、私の課題として来年に向けての指針になっています。
 
競技テニスをされている方は、勝てなかった試合に課題があり、同時に私の課題になります・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2019-12-16


2種類のボールを使い分ける

試合でミスをするのが早くなってきたと感じることがあります。それは自分が焦って、つなぐべき時に攻めているからです。
 
よく使われる言葉ですが、「テニスは相手より1球多く返せば勝てるスポーツ」。つまり、相手にとってイヤなのは、エースを決められることではなく粘られることなのです・・・[続きを読む]


コメント(2)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2019-11-26


遊んでみては

「テニスとは?」の問いかけに、運動・スポーツ・社交場・ストレス解消・ゲーム等とさまざまな要素があります。これらの要素は、一つだけではなく、複合されることで皆様のテニスの価値が上がるのです。試合を楽しみたい方は、これに「遊び」という要素を付け加えてみてください。

遊びの意味の一つに「余裕」があります。試合で思ったような結果が出ない方の多くは・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2019-11-18


プレーの始まりを大切にする

試合の流れほど恐ろしいものはありません。こちらの流れの時は、どんなショットを打っても決まる気がします。しかし、いったん流れが変わると状況はガラッと変わります。今度は、どんなショットを打っても上手くいかないものです・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2019-11-12


平常心

試合になると平常心を失うことがあります。普段通りできればと思いつつも、なかなか試合になると平常心を失ってしまいがちです。平常心を失う時は、大きく分けると2種類のケースに分類されます。この2種類のケースから平常心を取り戻す考え方をご紹介いたします。

ケース1:決め急ぎミスが普段より多くなるタイプ・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2019-11-05


気を散らす方法を身につける

「勝ちたい!」「負けたくない!」という気持ちが過剰になると、視野は狭くなるし、足は動かなくなるものです。
 
精神的に余裕がないとき、私は上手く気を散らすようにしています。そもそも1試合の間に、一度も集中を切らすことなくプレーするのは不可能と・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

2019-10-29


優勝者に聞いた秘訣

先日、今年の75歳以上の全日本選手権で優勝されたIさんと、お話をする機会がありました。永く試合で活躍するための秘訣があるのではと思い、探りを入れながらお聞きした内容をいくつかご紹介いたします。
 
秘訣1:決め急がない
Iさんは登山が趣味で・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2019-10-21


ポイント間の動作に時間をかける

負けている時や相手のペースで試合が流れている時は、動作が早くなるうえに身体の動きは小さくなるものです。
 
たとえば、あなたはネットにかけたボールを足早に拾って、すぐに相手サーバーに返球したりしていませんか・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術橋爪宏幸の勝利のレシピ

コメント質問の方法
最近のコラム

試合に備えて

海老名正明の体にやさしいボレー術>背骨で打つローボレーは腰にやさしい

日常生活からイライラしない

藤野俊幸の非常識な成功法則>バックハンドストローク前編

大人の上達は考え方から

海老名正明の体にやさしいボレー術>踏み込まないハイボレーはヒザにやさしい

悪いイメージを良いイメージに塗り替える

早川克意の超即効テニス改善ドリル>ドリル4:バランスドリルで片手バックとボレーを磨く

覚えにくいけど忘れにくい

海老名正明の体にやさしいボレー術>歩きボレーはふくらはぎにやさしい


コラムニスト

海老名正明のR40倶楽部

橋爪宏幸の勝利のレシピ

メルマガ担当イチ押しコンテンツ

動画レッスン連動コラム


カテゴリー

テクニック上達のマル秘ヒント

明日の試合で役立つダブルス戦術

ライバルに勝つシングルス必勝戦術

上達を早める思考法・メンタル術

プレー前後のフィジカルケア

パフォーマンスを高める用品情報

コーチの独り言


過去のコラム

2020年3月のコラム

2020年2月のコラム

2020年1月のコラム

2019年12月のコラム

2019年11月のコラム

2019年10月のコラム

2019年9月のコラム

2019年8月のコラム

2019年7月のコラム


コメント

橋爪宏幸 on 2種類のボールを使い分ける

橋爪宏幸 on 日常からいろいろ実験しながら練習する

asaeda on 2種類のボールを使い分ける

sekichan1112 on 日常からいろいろ実験しながら練習する

藤野俊幸 on 藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第6回:最速サーブは手のひらを被せて打つ

nakaya0 on 藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第6回:最速サーブは手のひらを被せて打つ

橋爪宏幸 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング >並行陣の縦割フォーメーション

y0312 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング >並行陣の縦割フォーメーション

橋爪宏幸 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング>ストレートアタック時のポジショニング

suzuki727 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング>ストレートアタック時のポジショニング

海老名正明 on 動き出しを良くする

se7120121 on 動き出しを良くする

hisao1112 on 石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

hisao1112 on 石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

hisao1112 on 不田涼子の秘密特訓ボレー編:ボレーが見違える!上達のツボ

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

→ページの先頭へ戻る

動画でテニスが上達するテニスストリームTV