動画でテニスが上達するテニスストリームTV

ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

twitter
ワンポイントコラム

2017-05-19


加藤季温のサービス進化論:第2回:再現性の高いトスアップ術を覚えよう(1)

速いサーブ、威力のあるサーブを打つためにはトスアップはとても重要です。今回は、サーブの最初の動作であるトスアップのコツを説明します。
 
たとえば、フラットサーブを打とうとした時にトスが左にズレてしまったら・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2017-05-16


足を動かすこと

先日、ある学生に目標を聞いたところ、「足を動かすこと」と言いました。先輩にもっと足を動かせと、言われたのかもしれません。しかし、足を動かすことを目標にするのではなく、足を動かすことの意味を知ることで、足が自然に動くようになってきます・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-05-12


石井宏昌のラリー入門ビギナーズ:第5回:ネットを挟んでラリーしてみよう

前回まで、横幅を広くしたコート、奥行きを広くしたコートでラリー、ゲームをやりました。今回はネットを挟んだコートを使って、ボールの高さを意識したラリーをやってみましょう。

まずはネットを挟んだ奥行1mのコートでラリーします。ネットを越して短く入れるために上向きの面で丁寧に打ちましょう。次に・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2017-05-05


加藤季温のサービス進化論:第1回:サーブ動作のメカニズムを理解しよう

サーブはいくつかの動作が組み合わさって作られています。そして、速いサーブ、強いサーブを打つためにはそれぞれの動作を連動させることが大切です。逆に言うと、サーブのスピードが出ない人、サーブの威力がない人は、体の一部しか動かせていない、あるいは動作が連動せずにバラバラに動いていることが原因の一つと考えられます。
 
例えば、初級者にありがちな「腕だけで打つサーブ」は・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2017-04-28


石井宏昌のラリー入門ビギナーズ:第4回:縦長コートでラリーしてみよう

前回は、横幅を広くしたコートでラリー、ゲームをやりました。今回はエリアの奥行きを広げた縦長コートでラリーの練習をしてみます。
 
コートの奥行きが広がった分だけ、前後に動いて打つ必要が出てきます。左右の動きと違って・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2017-04-25


アウトボールも練習

ストロークのラリー練習で、相手がアウトしたボールを止めてしまっている人を、時々見かけます。しかし、試合でないのなら、打ち返す努力をした方が良い練習になります。

例えば、1mアウトするボールを、ライジングショットやハーフボレーの要領で返球できたら、守備範囲が・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-04-21


早川克意のTennis上達Tips:左手ちょい見せでフォアの威力アップ

今回は、フォアハンドストロークを打つ際の左手の上手な使い方を二つ紹介します。右利きの場合、スウィングするのは右手ですが、この時に左手をうまく使うことでボールのスピードが1割アップすると言われています。1割アップで、今まで決めきれなかったウイナーが楽々エースになるはずです。

まず一つ目の方法です。左手でラケットを持ちながらテークバックする際に、錦織圭選手のように・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2017-04-17


動き出しを良くする

コートカバーリングを良くすることは、テニスにとって大切なことです。もちろん、足が速くてコートカバーリングが良い人はいますが、往年の名選手S・グラフは、足の速さに加えて他の選手より動き出しのタイミングが、速くてコートカバーリングが良かったそうです。

球出し練習では、打つ前にフォアかバックかを伝えないで・・・[続きを読む]


コメント(2)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-04-14


石井宏昌のラリー入門ビギナーズ:第3回:横長コートでラリーしてみよう

小さなエリアでラリーができるようになったら、今度はエリアの横幅を広げたコートでラリーしてみましょう。コートの横幅が広がった分だけ、左右に動いて打つ必要が出てきます。また、利き手側と逆側は手の甲側の面で打つバックハンドが必要になってきます。スプリットステップも・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2017-04-10


1stサービスの確率

テニスの試合を観ていると、1stサービスの確率が表示されます。これは、この確率が、選手の調子を表している重要なデータになっているからです。スクール生は、ダブルフォールトの数を気にするのですが、1stサービスの確率を気にする方は、少ないと思います。ここで、お勧め練習をご紹介いたします・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-04-07


早川克意のTennis上達Tips:股関節回転打法で力強いフォアを打つ

このようなデータがあります。フォアハンドストロークでボールを打つ時のエネルギーを100とすると、そのうち50%のエネルギーは腕が作り出し、40%を体の回転運動が作り出し、残りの10%は重心移動で作り出しているというものです。このデータから分かるように、フォアハンドで力強いボールを打つためには、腕の使い方と同時に体の回転運動も・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2017-03-31


石井宏昌のラリー入門ビギナーズ:小さなエリアでラリーをしてみよう

ラリーができることがテニスの楽しみの一つになります。しかし、これからテニスを始めようという人がいきなり上級者と同じボール、同じコートでラリーをするのは難しいでしょう。まずは、小さなエリアで、弾みの小さなボールを使ってラリーを楽しみましょう。

映像のように、1メートル四方の四角いエリアを作ります。このエリアで・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2017-03-24


早川克意のTennis上達Tips:「カベを押す」でフォアを威力アップ

今回は、威力のあるフォアハンドを打つためのコツを紹介します。フォアハンドでイマイチ強いボールが打てない人、フォアハンドが手打ちだと言われている人も、このレッスンで正しいインパクトの形をイメージできるようになれば、打球が見違えるように変わってくるはずです・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2017-03-19


石井宏昌のラリー入門ビギナーズ:ラリーが長く続かないのはなぜ?

テニスを習いはじめると、まずはいいフォームを身につけようとして球出し練習から行うことが多いものです。しかし、球出し練習ばかり行っていると、実際に相手と打ち合いをしてもなかなかラリーが続かない、という問題に直面するでしょう・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2017-03-10


早川克意のTennis上達Tips:ムチのような腕づかいでサーブ高速化

今回は、速いサーブを打つための手首の使い方を紹介します。たとえば、ヴィーナス・ウイリアムスのようにワインドアップする際に手首を側屈させて振り上げるプレーヤーがいます。このように手首を側屈させることで腕がしなやかになり、ムチのようにしならせて・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2017-02-24


早川克意のTennis上達Tips:スピンサーブはラケットを立てて握る

サーブのグリップは薄く握るコンチネンタルグリップが基本ですが、同じコンチネンタルグリップでも、ちょっとした握り方の違いでボールの飛び方が変わってきます。

たとえば、スピンサーブを打つときに「今日はオーバーのフォールトが多い」「回転のかかり方がイマイチ」という時は、ラケットを立てる持ち方にすると・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2017-01-27


石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

スライスサーブなら、ワイドに角度をつけて相手を外に追い出すことができます。しかし、ワイドに打とうとすると、意識が左方向に向きやすく、打つ前から体が開きやすいので注意しましょう。体が先に開くと肝心のインパクトが鈍って弱々しいスライス回転になってしまいます。また、相手に狙うコースを読まれやすくなります。
 
ワイドを狙う時は、ギリギリまで右肩を後ろに残すように・・・[続きを読む]


コメント(2)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2017-01-13


石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブの弾道イメージ

手首を縦に使ってボールの右を切り落とすように打てるようになると、強く回転しながらどんどん落ちていく弾道になります。したがって、スライスサーブを直線的な弾道で狙ってしまうと、ネットを越えないミスが出やすくなります。スライスサーブは、上方向に打ち上げる弾道イメージで打つことが大切です。

どれくらい打ち上げればいいのか・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2016-12-30


石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのリストワーク

スライスサーブはトスを右前方に上げ、ボールの右側面を打っていきます。また、強いスライス回転をかけるには手首の使い方も重要になってきます。ボールの右側面を打つときは、ラケットのエッジから入れます。エッジから入れるために、手首は縦に使います。この手首の使い方をドリルで確認してみましょう・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2016-12-25


4スタンステニス:ワキは閉めるのか、ゆったり使うのか

今回は、フォアハンドストロークのワキの使い方を4スタンス理論に基づいて解説します。さまざまな指導書の中には「ワキを閉めるように」と書かれたものがあります。また、「ワキはゆったり使った方が良い」と書かれたものもあります。これはどちらも正解で、4スタンスのタイプによって異なるのです・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

コメント質問の方法
最近のコラム

サービスダッシュで取り戻す

相手が威嚇してきているかどうかを見る

加藤季温のサービス進化論:第2回:再現性の高いトスアップ術を覚えよう(1)

足を動かすこと

ゲーム終盤は自分たちが動くゲーム

石井宏昌のラリー入門ビギナーズ:第5回:ネットを挟んでラリーしてみよう

5-4の心構え

負けて知った並行陣の強さ

加藤季温のサービス進化論:第1回:サーブ動作のメカニズムを理解しよう

理想と現実


コラムニスト

海老名正明のR40倶楽部

橋爪宏幸の勝利のレシピ

メルマガ担当イチ押しコンテンツ

動画レッスン連動コラム


カテゴリー

テクニック上達のマル秘ヒント

明日の試合で役立つダブルス戦術

ライバルに勝つシングルス必勝戦術

上達を早める思考法・メンタル術

プレー前後のフィジカルケア

パフォーマンスを高める用品情報

コーチの独り言


過去のコラム

2017年5月のコラム

2017年4月のコラム

2017年3月のコラム

2017年2月のコラム

2017年1月のコラム

2016年12月のコラム

2016年11月のコラム

2016年10月のコラム

2016年9月のコラム

2016年8月のコラム


コメント

海老名正明 on 動き出しを良くする

se7120121 on 動き出しを良くする

hisao1112 on 石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

hisao1112 on 石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

hisao1112 on 不田涼子の秘密特訓ボレー編:ボレーが見違える!上達のツボ

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

pure123 on 中屋晋の攻撃フットワーク技:回り込みフォアで攻める足さばき

藤野俊幸 on 藤野俊幸のスピンサーブ最終結論:スピンサーブをグレードアップ!

退会手続済み on 試合当日の過ごし方(2)

ichirou66 on 藤野俊幸のスピンサーブ最終結論:スピンサーブをグレードアップ!

海老名正明 on ロブを使いましょう

katuhisa0908 on ロブを使いましょう

goldenlily30 on ロブを使いましょう

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

→ページの先頭へ戻る

動画でテニスが上達するテニスストリームTV