動画でテニスが上達するテニスストリームTV

ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

twitter
ワンポイントコラム

2018-10-12


石田洋平のテニススキルアップ術 >イチ・ニーイ・サンで凡ミス撲滅

球出しの練習ではフォアハンドを上手く打てるのに、ゲームになると安定しない。強く当たって飛びすぎてアウトしたり、ミスヒットしてネットにかけたり……。フォアハンドでラリーが長く続かないという人は、スウィングのリズムを見直してみましょう。
 
フォアハンドのスウィングは3拍子です。まず・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2018-10-05


藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第7回:最速サーブは体の流れと腕振りが逆

サーブを、できるだけ高い打点で打とうとすると、ジャンプして伸び上がり、さらに腕を振り上げて打ったほうがいい、と考えがちですが、振り上げる打ち方では最速サーブは打てません。また、体の流れとスウィングの流れが同調してしまうと、体が前に流れて肩で押す打ち方になりがちです。

体は上にジャンプし、腕は振り下ろす。この逆向きの動きで・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2018-09-21


藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第6回:最速サーブは手のひらを被せて打つ

高い位置でバックスウィングを作ったら、そこからフォワードスウィングを開始します。このとき、インパクトに向かって手のひらをボールの頭に被せていくイメージでスウィングしてみましょう。

被せるのは手のひらの真ん中部分、つまりスイート・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2018-09-12


なぜ緊張するの?(1)

練習では良いショットを打っているのに、試合になると緊張のあまり相手コートにボールを入れにいっていませんか。私にも、この経験はありました。ミスをするのが怖くて、安全なボールしか打てなくなる症状です。
 
私は、この原因の一つに練習での考え方があると思っています・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント橋爪宏幸の勝利のレシピ

2018-09-07


藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第5回:最速サーブはつり上げ式テークバック

テークバックの際、ボールを上げることに一生懸命になってしまうと、肝心のラケットが高く上がらず、その結果、下から振り上げるスウィングになりやすいものです。また、体が後ろに傾いてバランスの悪いフォームになりがちです。
 
ボールはわずか58g、それに対してラケットは300g前後ありますから、トスアップではなく、ラケットを引き上げることに・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2018-09-01


リターンダッシュが得意な人への対策

ダブルスの基本戦術にリターンダッシュがあります。リターンダッシュを得意とする相手と対戦すると、サービスが力んでしまい、自分のフォームを見失ってしまうという人は、これから紹介する対策方法をお試しください。

まず、リターンダッシュが得意な相手に、サービスのスピードで勝とうとしないでください・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2018-08-24


海老名正明の極める!ダブルス並行陣ボレー>並行陣の必殺ショットはバックボレー

雁行陣のボレーはラケット面の力と踏み込む足の力で打ちます。フォアボレーはグリップの後ろから手で握る形になるのでパワーを出しやすいのですが、バックボレーはグリップの前側から握る形になるため、当たり負けしやすくパワー不足になりがちです。そのため、バックボレーは両手で打つという人もいます。
 
並行陣のボレーは逆の考え方が必要です。フォアボレーはテークバックで・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2018-08-13


守っているだけでは勝てない

私は以前から「ミスを怖れて守って勝てるのは、かなり格下の相手だけ」と考えています。自分と同じか格上の相手との試合では、相手のミス待ちではおそらく負けてしまうでしょう。だからといって、本番の試合で強気に勝負していくのは、とても勇気が・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント橋爪宏幸の勝利のレシピ

2018-08-10


海老名正明の極める!ダブルス並行陣ボレー>並行陣のボレーは足でコースを作る

雁行陣のボレーはラケット面でコースを作ります。あらかじめクロスの面、あるいは逆クロスの面を作って踏み込んで打ちます。この時の足の役目は「ボールに勢いを出すこと」と「よりネットに近づくこと」です。

一方、並行陣のボレーは足でコースを作るという考え方になります。たとえばアドサイドの並行陣のポジションでフォアボレーする場合は・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2018-08-03


藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第4回:最速サーブは高くバックスウィング

今回は、しっかり振り下ろして高速サーブを打つためのバックスウィングの位置を確認します。まずはラケットを持たずに、手でボールを地面に投げるドリルを行ってみます。ネット近くから相手コートの地面に向かって、できるだけ強くボールをたたきつけてみましょう。
 
この時、ボールを持った手を・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2018-07-30


勝ちたいと思うあまり……

私も試合で、決めたいと思うばかりにミスをするケースがあります。後で冷静に考えると、1つはインパクトで打ちたい方向を先に見てしまい、ボールから目が離れてしまうのす。皆さんも経験あるでしょう。打点に目線を残してボールを打ってから・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント橋爪宏幸の勝利のレシピ

2018-07-27


海老名正明の極める!ダブルス並行陣ボレー>並行陣のローボレーは攻撃

雁行陣の前衛のボレーは「攻撃のボレー」と「守りのボレー」に分かれています。そしてローボレーを打つ状況は、主に守りの場面が多くなります。相手の攻撃的なショットをブロックして返すのが雁行陣のローボレーです。

一方、並行陣のローボレーは「守りのボレー」というわけではありません。相手は・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2018-07-20


藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第3回:最速サーブは打点を前にしてたたく

振り下ろす感覚をつかむために、今回は、打点の位置を確認しましょう。今まで振り上げる打ち方でサーブを打っていた人に「振り下ろして打って」と言っても、すぐに振り下ろす打ち方はできません。なぜなら、打点が違うからです・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2018-07-13


海老名正明の極める!ダブルス並行陣ボレー>並行陣の遠いボールはヘッドをぶつける

雁行陣の前衛は相手のストレートをケアするためにサイド寄りに構えます。そして相手がストレートに打ったボールに対して、早めに打球面を作って踏み込んでボレーします。

一方、並行陣のボレーはセンターケアが基本です。センターを抜かれないように・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2018-07-06


藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第2回:最速サーブのフィニッシュ形を確認

バウンド後に伸びるサーブを打つためには、打点からラケットを振り下ろすことが重要です。そして、腕をしっかり振り下ろしてラケットヘッドを走らせれば、振り下ろされたラケットヘッドは円を描いて上に戻ってきます。
 
一方、腕を振り下ろすのではなく、持ち上げて入れようとすると・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2018-06-29


海老名正明の極める!ダブルス並行陣ボレー>並行陣のボレーは早く引かない

雁行陣のボレーは、速いボールが来たら早く引いてボレーします。そして、遅いボールが来ても早く引いて、よりネットに詰めてボレーします。時間がある時はできるだけネットに詰めて時間をなくすという気持ちが雁行陣のボレーでは必要です。

一方、ネットから離れた位置にポジションを取って戦う並行陣のボレーは・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2018-06-22


藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第1回:最速サーブは振り下ろして打とう

今回は、今までの自分で最もスピードの速い自分史上最速サーブを身につけて、サービスエースをたくさん取ろうという企画です。ただし、身長2m前後の大型プレーヤーのような圧倒的な破壊力のあるサーブをあなたが目指すのは、現実的ではありません。目指す方向は、キレとスピード、コントロールのサーブ。バウンド後にボールが伸びる高速スライスサーブです。

高速サーブのスウィングのイメージをつかむために、実際のサーブの打点の高さからの景色を見てみましょう・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2018-06-16


ストレートケアが基本

先日のコラムで「ネットに出たらヤマを張る」をご紹介したところ、「しっかり打って出た時のセオリーはありますか?」と生徒に聞かれたので皆様にもご紹介いたします・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2018-06-15


海老名正明の極める!ダブルス並行陣ボレー>並行陣のボレーは面をセットしない

雁行陣のボレーはミスを減らすために、早めに打球面を作ってネットへ詰めて打ちます。一方、並行陣のボレーはサービスライン付近から打つので、面を作るより先に体を動かして振る場所を作ります。自分の体をボールに向けるようにしてスペースを作り、それから面を作ってボレーします。

では、体でスペースを作る練習をしてみましょう・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2018-06-11


たまには変則ルールの試合をしよう(2)

パートナーと陣形を固めるのは大切ですが、それが固定概念になるのはダブルスにとってあまり良いとは思いません。たまには変則ルールで試合をしてみてください。
 
前回の課題は「ノーバウンドでボールを打ったら失点というルールで試合をするためには、どのような陣形や作戦をとればよいか、考えてみよう」でした。
 
まずは陣形・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント橋爪宏幸の勝利のレシピ

コメント質問の方法
最近のコラム

思いは異なることがある

石田洋平のテニススキルアップ術 >イチ・ニーイ・サンで凡ミス撲滅

私の好きな言葉(1)

藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第7回:最速サーブは体の流れと腕振りが逆

最後の日が最高のプレーで

橋爪宏幸のダブルスタイプ別攻略法>強烈な1stサーブの攻略法

自分を信じて

負けにくいテニス

藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第6回:最速サーブは手のひらを被せて打つ

なぜ緊張するの?(2)


コラムニスト

海老名正明のR40倶楽部

橋爪宏幸の勝利のレシピ

メルマガ担当イチ押しコンテンツ

動画レッスン連動コラム


カテゴリー

テクニック上達のマル秘ヒント

明日の試合で役立つダブルス戦術

ライバルに勝つシングルス必勝戦術

上達を早める思考法・メンタル術

プレー前後のフィジカルケア

パフォーマンスを高める用品情報

コーチの独り言


過去のコラム

2018年10月のコラム

2018年9月のコラム

2018年8月のコラム

2018年7月のコラム

2018年6月のコラム

2018年5月のコラム

2018年4月のコラム

2018年3月のコラム

2018年2月のコラム

2018年1月のコラム


コメント

橋爪宏幸 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング >並行陣の縦割フォーメーション

y0312 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング >並行陣の縦割フォーメーション

橋爪宏幸 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング>ストレートアタック時のポジショニング

suzuki727 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング>ストレートアタック時のポジショニング

海老名正明 on 動き出しを良くする

se7120121 on 動き出しを良くする

hisao1112 on 石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

hisao1112 on 石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

hisao1112 on 不田涼子の秘密特訓ボレー編:ボレーが見違える!上達のツボ

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

pure123 on 中屋晋の攻撃フットワーク技:回り込みフォアで攻める足さばき

藤野俊幸 on 藤野俊幸のスピンサーブ最終結論:スピンサーブをグレードアップ!

退会手続済み on 試合当日の過ごし方(2)

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

→ページの先頭へ戻る

動画でテニスが上達するテニスストリームTV