動画でテニスが上達するテニスストリームTV

ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額550円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額550円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

twitter
ワンポイントコラム

2020-01-17


石田洋平のテニススキルアップ術>強打を逆利用するドロップボレー術

ボレー対ストロークのラリー中、相手がベースラインより後ろに下がったときに打つのがドロップボレーの基本的な使い方です。逆に、相手がベースラインの中に入っているのにドロップボレーを打ってしまうと、相手に簡単に拾われて逆襲される危険が高まります。ただし、相手がベースラインより前にいても体勢を崩しているなら、ドロップボレーOKです・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2020-01-10


海老名正明の上級への道レシーブ編>上級レシーブは左右でモードを切り替える

上級者はレシーブのとき、フォアとバックでモードを切り替える場合があります。たとえば、カウント15-40の場面。あと1ポイントでサービスブレークできるので、積極的に攻めたいところですが、フォアもバックも打ち込もうと気負いすぎてしまうと、やはりリキミが生じます。
 
こんな場合は、フォアとバックで好守のモードを切り替えておくのもいいでしょう。「サーブがフォア側に来たら・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2020-01-03


石田洋平のテニススキルアップ術>後傾トップスピンロブで一発逆転

トップスピンロブは、うまく抜ければそのままウイナーになる可能性の高いショットですが、ロブが浅すぎて相手に取られたり、強く打ちすぎてアウトしたり、弾道のコントロールが難しい部分があります。
 
たとえば、相手に深くていいボレーを打たれて押し込まれた場面では、右足を引いて後傾の体勢を・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-12-27


海老名正明の上級への道レシーブ編>上級レシーブはポジションを変える

皆さんはレシーブの時にどのあたりにポジションを取りますか。「レシーブの時は大体このあたりで構える」と位置を決めている人もいると思いますが、実は上級者は、レシーブのポジションを積極的に変えてプレーしています。

たとえば、相手のサーブが速い時は、普段よりポジションを下げてみます。クレーコートなどの弾むサーフェスでも、ポジションは下げぎみにしたほうが良いでしょう。また、ポジションを下げるのは、守備的な目的だけではありません。相手を見て・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-12-20


石田洋平のテニススキルアップ術>反撃のバドミントンキャッチ返球術

今回のスキルアップ術はフォア側に短いボールが来たときの対処法です。相手のボールをやっと拾って返すようなピンチの場面でも、返球方法や返球コースを工夫すれば逆にチャンスを作れます。
 
フォア側の短いボールを拾おうとするときに、クローズドスタンスで入ってしまうと・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-12-13


海老名正明の上級への道レシーブ編>上級者は最低のレシーブを知っている

中級レベルの人のレシーブ練習を見ていると「なぜ、あんな難しいショットばかり練習しているのかな」と思うことがあります。上級者は、最高のレシーブばかり練習しているわけではありません。シングルスならセンターに深く返す。ダブルスなら・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-12-06


石田洋平のテニススキルアップ術>ワイドサーブに対抗するリターン術

デュースサイドのリターンで相手がスライスサーブをワイドに打ってきた時、外に切れていくサーブをクロスに正確に返球するには、ちょっとしたコツが必要です。
 
クロスに返そうとして腕を引っ張り込む打ち方になると、グリップが先行した形で・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-11-29


藤野俊幸のナイスショットの新法則>第8回:最小限の力で最大限のパワーを生むサーブ術

サーブが苦手な人は、強いサーブを打とうとして、どうしてもラケットを振り回しがちです。ラケットを振り回すと、ボールを上から下になするような打ち方になりやすく、ボールに逆回転がかかり、バウンドして失速します。

サーブも、フォアハンドやバックハンドと同様に、インパクトでラケットを・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-11-22


石田洋平のテニススキルアップ術>ドライブボレーは安全運転で決める

ドライブボレーは強く打って一発で決めなきゃいけない、と思っている人が多いようですが、強くたたこうとすると、タイミングが少しズレただけでミスしやすく、せっかくのチャンスを逃してしまうことになります。
 
ドライブボレーを成功させる第一のコツは、一発で・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-11-15


藤野俊幸のナイスショットの新法則>第7回:ヘッドの力でたたくボレー&スマッシュ

相手のボールが浮いてきてネット近くで打てるときは、相手コートにたたきつけるような力強いボレーでポイントを奪いたいものです。力強くたたくために、ラケットの最大のパワーを利用しましょう。その最大のパワーはラケットヘッドにあります。
 
ラケットヘッドの重さを使うコツは、ボールの向こうに・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-11-08


石田洋平のテニススキルアップ術>グランドスマッシュは入り方が肝心

ネットで攻撃中に相手がかなり高いロブを打ち上げてきたとき、スマッシュで打とうとするとボールの落下スピードが速いので案外ミスヒットしやすいものです。そんな場合は、ワンバウンドさせてからグランドスマッシュで処理することをオススメします。
 
グランドスマッシュで注意するのはボールへの入り方です・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-11-01


藤野俊幸のナイスショットの新法則>第6回:駐車場テークバックでスライスボレー

荷台(手のひらの小指側)をボールに見せるように手のひらを開いてバックスウィングすると、体の前方向から手のひらが開き、それを引き戻すことによって、ラケットが整った状態でスライスボレーが打てます。
 
このときのテークバックからインパクトまでのラケットの動きは、車をバックで駐車するイメージです・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-10-25


石田洋平のテニススキルアップ術>2打目で仕留めるドロップボレー術

ドロップボレーは闇雲に打っても、そう簡単には決まりません。ドロップボレーを相手に拾われると、次はもっとネットぎりぎりを狙って打とうと考えがちですが、ぎりぎりを狙い過ぎるとネットしたり手首で操作してミスしやすくなってきます。
 
ドロップボレーで大事なのは組み立てです・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-10-18


藤野俊幸のナイスショットの新法則>第5回:体の前面を使う片手バック&両手バック

片手打ちバックハンドは打ち方が2つあります。前回は、体の背面を使ってブロックするような打ち方を紹介しました。今回は、体の前面を使って体の開きを利用してヒットする、よりパワフルな打ち方を紹介します・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-10-11


石田洋平のテニススキルアップ術>前足体重で低空スライスアプローチ

アプローチショットは低い弾道で弾まないボールが理想的です。低く打てば相手は低い打点から持ち上げるように打たなければなりませんから、速いパッシングショットになりにくく、ボレーで攻め込みやすくなります。

ただし、いいスライスを打とうとすると、腕に力が入りやすいので注意してください・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-10-05


橋爪宏幸のダブルス巧者の心理戦術>2球1セットで仕掛けるメンタル戦術

ダブルスの試合で私が心がけているのは、強い球でポイントを取りにいくのではなく、配球で相手を揺さぶることです。1打目と2打目、あるいは1ポイント目と2ポイント目を1セットで考えれば、相手の裏をかく攻め方ができるようになります。

まずは、レシーブゲームのときに・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
明日の試合で役立つダブルス戦術動画レッスン連動コラム

2019-09-27


海老名正明の体にやさしいストローク術>体で合わせる省エネストローク

レッスンで「早く引いて」という指導を受けたことのある人もいるかもしれませんが、「早く引いて」の真意は「フォアかバックか早く判断して」ということだと理解してください。テークバックを早く引こうとすると、体が動かないまま手だけ先に動かしてしまいやすく、結果として手打ちになりがちです。
 
手を早く引くのではなく、体と一緒に手を・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-09-20


橋爪宏幸のダブルス巧者の心理戦術>相手の捕球姿勢から心理を読み取る読心術

雁行陣では前衛は攻撃役。攻め時を逃さず、なおかつ相手に隙を与えないために重要なのが、ボールを取りに行く相手プレーヤーの捕球姿勢を見ることです。どんな捕球姿勢のときはどう動けばいいのか。その3つの具体例を、雁行陣で後衛同士がストレートの打ち合いになったシーンを例に・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
明日の試合で役立つダブルス戦術動画レッスン連動コラム

2019-09-13


海老名正明の体にやさしいストローク術>大腰筋を使った突っ立ちストローク

前回紹介した有酸素運動系の遅筋(赤筋)の1つにインナーマッスルがあります。インナーマッスルは体の内側にある筋肉なので、意識しづらいのですが、繰り返し使っても疲労しにくい特徴があります。このインナーマッスルを使うことで、長時間プレーしても疲れにくく、長くテニスを・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-09-06


橋爪宏幸のダブルス巧者の心理戦術>弱気タイプの攻め方と強気タイプの崩し方

ゲーム終盤の競った場面ではプレーヤーの性格がより強くプレーに表れるもの。その時点で相手が強気なタイプなのか弱気なタイプなのかを知っていれば、より適切なプレー選択ができるようになってきます。

相手の性格を知るために、まずはゲーム序盤でポーチを仕掛けます。ポーチに成功したら、同じレシーバーの次のポイントで、今度はポーチに出るフリをして戻るポーチ・フェイントを仕掛けてみます・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
明日の試合で役立つダブルス戦術動画レッスン連動コラム

コメント質問の方法
最近のコラム

石田洋平のテニススキルアップ術>強打を逆利用するドロップボレー術

相手も同じ条件であることを思い出す

海老名正明の上級への道レシーブ編>上級レシーブは左右でモードを切り替える

課題は宝物

石田洋平のテニススキルアップ術>後傾トップスピンロブで一発逆転

攻めて犯したミスならOK

海老名正明の上級への道レシーブ編>上級レシーブはポジションを変える

今年もありがとうございました。

石田洋平のテニススキルアップ術>反撃のバドミントンキャッチ返球術

2種類のボールを使い分ける


コラムニスト

海老名正明のR40倶楽部

橋爪宏幸の勝利のレシピ

メルマガ担当イチ押しコンテンツ

動画レッスン連動コラム


カテゴリー

テクニック上達のマル秘ヒント

明日の試合で役立つダブルス戦術

ライバルに勝つシングルス必勝戦術

上達を早める思考法・メンタル術

プレー前後のフィジカルケア

パフォーマンスを高める用品情報

コーチの独り言


過去のコラム

2020年1月のコラム

2019年12月のコラム

2019年11月のコラム

2019年10月のコラム

2019年9月のコラム

2019年8月のコラム

2019年7月のコラム

2019年6月のコラム

2019年5月のコラム

2019年4月のコラム


コメント

藤野俊幸 on 藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第6回:最速サーブは手のひらを被せて打つ

nakaya0 on 藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第6回:最速サーブは手のひらを被せて打つ

橋爪宏幸 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング >並行陣の縦割フォーメーション

y0312 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング >並行陣の縦割フォーメーション

橋爪宏幸 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング>ストレートアタック時のポジショニング

suzuki727 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング>ストレートアタック時のポジショニング

海老名正明 on 動き出しを良くする

se7120121 on 動き出しを良くする

hisao1112 on 石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

hisao1112 on 石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

hisao1112 on 不田涼子の秘密特訓ボレー編:ボレーが見違える!上達のツボ

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

pure123 on 中屋晋の攻撃フットワーク技:回り込みフォアで攻める足さばき

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

→ページの先頭へ戻る

動画でテニスが上達するテニスストリームTV