動画でテニスが上達するテニスストリームTV

ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

twitter
ワンポイントコラム

2019-09-13


海老名正明の体にやさしいストローク術>大腰筋を使った突っ立ちストローク

前回紹介した有酸素運動系の遅筋(赤筋)の1つにインナーマッスルがあります。インナーマッスルは体の内側にある筋肉なので、意識しづらいのですが、繰り返し使っても疲労しにくい特徴があります。このインナーマッスルを使うことで、長時間プレーしても疲れにくく、長くテニスを・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-09-06


橋爪宏幸のダブルス巧者の心理戦術>弱気タイプの攻め方と強気タイプの崩し方

ゲーム終盤の競った場面ではプレーヤーの性格がより強くプレーに表れるもの。その時点で相手が強気なタイプなのか弱気なタイプなのかを知っていれば、より適切なプレー選択ができるようになってきます。

相手の性格を知るために、まずはゲーム序盤でポーチを仕掛けます。ポーチに成功したら、同じレシーバーの次のポイントで、今度はポーチに出るフリをして戻るポーチ・フェイントを仕掛けてみます・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
明日の試合で役立つダブルス戦術動画レッスン連動コラム

2019-08-30


海老名正明の体にやさしいストローク術>息を吐きながら打つ有酸素ストローク

今回は有酸素運動をラリーに取り入れる方法を紹介します。テニスをしていてすぐに疲れてしまう人、プレーした翌日は筋肉痛で辛いという人も、この有酸素運動でストロークする方法を覚えれば、テニスを存分に楽しめるようになるでしょう。

ボールを打つ時に、息をふーっと吐きながら筋肉をゆっくり動かすイメージで打ってみましょう。これが有酸素運動です・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-08-23


橋爪宏幸のダブルス巧者の心理戦術>迷いを払拭するためのサインプレー術

最近はリターンゲームでも、レシーバーが事前にパートナーにリターンのコースを伝えるシーンを見かけるようになりました。自分が次に予定しているプレーを、事前にパートナーに伝えることで、二人でプレーの狙いを共有できるというメリットがあります。さらに、あらかじめパートナーにプレーを予告しておくことで、自分の中の迷いを・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
明日の試合で役立つダブルス戦術動画レッスン連動コラム

2019-08-16


海老名正明の体にやさしいサーブ術>発想の転換でサーブを安定させる

今回は、サーブを安定させるための考え方をいくつか紹介します。発想をちょっと変えるだけで、不安定だったサーブが安定してくることもありますので、ぜひ、参考にしてください。

まず「1stサーブは速いサーブを打たなきゃいけない」と考えてしまうと、どうしてもリキみが出ます。リキんで1stサーブを・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-08-09


藤野俊幸のナイスショットの新法則>第4回:体の背面を使って打つ片手バックハンド

片手打ちバックハンドには打ち方が2つあります。1つは、体の背面を使って体を閉じたままブロックする打ち方。もう1つは、体の前面を使って体の開きを利用してヒットする打ち方です。
 
大事なことは、自分がどっちの打ち方で片手バックを打つのかを認識しておくこと。2つを混同した打ち方はミスを招きます・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-08-02


海老名正明の体にやさしいサーブ術>体の面を戻してサーブのコースを作る

今回は、サーブのコースを安定させるコツを紹介します。ヘッドスピードの速い選手であれば、サーブのコースはリストワークで打ち分けます。センターに打つ時、ワイドに打つ時、それぞれリストの返し方を調節して打ち分けていきます。
 
しかし、ヘッドスピードがさほど速くないプレーヤーがリストで打ち分けようとすると、どうしてもかすれた当たりになって弱いサーブになりがちです。そんな人は、リストではなく体の向きで・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-07-26


藤野俊幸のナイスショットの新法則>第3回:遠心力を利用して振り切るフォアハンド

ラケットを体の前で整え、ボールを手のひらの荷台部分に載せて、運搬します。このとき、打点にパワーを集中するためにでんでん太鼓の要領で遠心力を利用してみましょう。
 
でんでん太鼓の本体(軸)を回すと、糸で結ばれた玉が振られて、太鼓をたたく仕組みです。この糸や玉には意思はありませんから、勝手に動くことはありません・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-07-19


海老名正明の体にやさしいサーブ術>安定サーブはタメない、ひねらない

今回は、力感を抑えた打ち方でサーブを安定させる方法を紹介します。ジュニア選手であれば、スピードアップを目指して体のひねりやヒザのタメなどを使った力感あふれるフォームを目指します。しかし、体への負担を軽減して長くプレーを楽しみたいのであれば、タメやひねりは不要です・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-07-12


藤野俊幸のナイスショットの新法則>第2回:ボールを荷台に載せて打っていこう!

ラケットを体の前で整えて打つために、手のひらの正しい使い方を覚えましょう。まずは、手のひらを2つのパーツに分けて考えてください。1つは人差し指と親指を含めた手のひら部分、もう一つは中指、薬指、小指を含めた手のひらの部分です。

手のひらの2つのパーツをどのように使い分けるかを、トラックの模型で説明します。トラックは、動力となるトラック部分と物を乗せる荷台の部分に分かれます。人差し指と親指を含めた手のひら部分はトラック(動力)・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-07-05


海老名正明の体にやさしいサーブ術>鼻で上げるイメージでトスを安定させる

ゲームの大事な場面でサーブが入らなくなる理由の1つは、トスの乱れです。緊張は手に出るため、トスアップ時に手の意識が強すぎるとトスが乱れやすくなってきます。ジュニア選手であれば、ヒザを使ったり、体を反らせてトスアップする方法もあります。しかし、その方法は体への負担が大きく、40歳以上のプレーヤーにはオススメできません。

そこでトスアップ時に意識してほしいのは、首です。首を中心に・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-06-28


藤野俊幸のナイスショットの新法則>第1回:ラケットの性能を生かす打ち方とは?

これから世界を目指すジュニア選手なら、体をダイナミックに使った打ち方を覚える必要があるでしょう。でも、皆さんが世界を目指すわけではない一般プレーヤーであれば、ラケットの性能を生かし、自分からはなるべく余計なことをしない打ち方をオススメします。ラケットを打点に整えれば、他に余計なことをしなくても球威のあるボールが飛んでいくのです。

ラケットを整える打ち方を紹介する前にお伝えしたいのは、現在のラケットの構造です・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-06-21


橋爪宏幸のダブルス巧者の心理戦術>相手レシーバーを幻惑するフェイント術

強いペアは相手へのプレッシャーのかけ方が上手です。プレッシャーをかける戦術として代表的なのが前衛のポーチですが、たとえポーチに出ない場合でも、ポーチに出るモーションを見せるだけで相手レシーバーにとってはプレッシャーとなります。

ポーチ・フェイントを行うときは、通常のポーチより・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
明日の試合で役立つダブルス戦術動画レッスン連動コラム

2019-06-14


海老名正明の上級への道バックボレー編 >上級ボレーは対応力が高い

初級・中級レベルのバックボレーは、手を意識してラケット面を作ってボールを打っています。これは間違いではありません。頭から腰の高さまでのボールであれば、手を意識した打ち方で対応できます。ただ、広範囲のボールに対応するためには、手を意識するだけでは不十分です。手からヒジ、そしてヒジ裏まで・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-06-07


橋爪宏幸のダブルス巧者の心理戦術>相手を凹ませるサインプレー・ポーチ術

サインプレー・ポーチとは、事前にパートナーに伝えてからポーチに出る作戦です。あらかじめポーチに出ることを伝えておけば、パートナーは素早くサイドチェンジできるメリットがありますが、サインプレーといえども、ポーチに動けば自分たちの陣形が崩れてしまうので、仕掛け時が重要になってきます・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
明日の試合で役立つダブルス戦術動画レッスン連動コラム

2019-05-31


海老名正明の上級への道バックボレー編 >上級ボレーは握らない

バックボレーはラケット面で押す打ち方でもそれなりのボールが打てます。中級レベルのゲームなら、この打ち方だけでOKです。でも、上級レベルになって相手の打球に強い回転がかかってくると、面で押す打ち方では相手の打球に負けてしまいます。

相手の打球に負けないためには、ラケットヘッドを走らせる打ち方が必要になってきます・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-05-24


橋爪宏幸のダブルス巧者の心理戦術>相手の裏をかいて好リターンを防ぐサーブ術

相手のリターンのリズムを崩したいときや、大切なポイントで確実に取りたいときには、力で押そうとするのではなく、相手を観察して弱点や逆を突いた攻め方をしたり、サーブ1本に頼らずに「ネットに出てから勝負する」という考え方で臨むようにしましょう。

「サーブは相手レシーバーのバック側に入れたほうが安全だ」という先入観を持っている人も・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
明日の試合で役立つダブルス戦術動画レッスン連動コラム

2019-05-17


海老名正明の上級への道バックボレー編 >上級ボレーは引いて打つ

バックボレーは「ラケット面で押す」ような打ち方と「ラケットヘッドを引く」ような打ち方があります。中級レベルであれば、面で押す打ち方で十分戦えます。とくに最近の好反発ラケットなら、押すだけでもそれなりに強いボレーが打てます。

ただし、ボールの後ろに入って面で押す打ち方だと・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

2019-05-10


橋爪宏幸のダブルス巧者の心理戦術>ゲーム終盤で効果を発揮する見せ球作戦

試合での1ポイント、1ポイントは確かに大事ですが、1セットを取るには少なくとも24ポイントが必要です。その20数ポイントを取るために、ゲーム序盤で失点覚悟で「見せ球」を使うことも考えましょう。たとえそのポイントは失っても・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
明日の試合で役立つダブルス戦術動画レッスン連動コラム

2019-05-03


海老名正明のフォアハンド上達辞典>合わせるように打つ

今回のキーワードは「合わせる」です。ボールに体のタイミングを合わせてライジングで打てるようになると、相手のショットの力を利用して打てるので、疲労も少なくなります。腕力がない人でも楽に攻撃的なショットを打てるので、究極のショットと言えるでしょう。

合わせるコツは・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント動画レッスン連動コラム

コメント質問の方法
最近のコラム

100歳までテニス

海老名正明の体にやさしいストローク術>大腰筋を使った突っ立ちストローク

目の前のポイントに集中する

橋爪宏幸のダブルス巧者の心理戦術>弱気タイプの攻め方と強気タイプの崩し方

10人で仕事

海老名正明の体にやさしいストローク術>息を吐きながら打つ有酸素ストローク

執拗なロブで相手の攻撃リズムを崩す

橋爪宏幸のダブルス巧者の心理戦術>迷いを払拭するためのサインプレー術

ダブルスのパートナーは変えますか?

海老名正明の体にやさしいサーブ術>発想の転換でサーブを安定させる


コラムニスト

海老名正明のR40倶楽部

橋爪宏幸の勝利のレシピ

メルマガ担当イチ押しコンテンツ

動画レッスン連動コラム


カテゴリー

テクニック上達のマル秘ヒント

明日の試合で役立つダブルス戦術

ライバルに勝つシングルス必勝戦術

上達を早める思考法・メンタル術

プレー前後のフィジカルケア

パフォーマンスを高める用品情報

コーチの独り言


過去のコラム

2019年9月のコラム

2019年8月のコラム

2019年7月のコラム

2019年6月のコラム

2019年5月のコラム

2019年4月のコラム

2019年3月のコラム

2019年2月のコラム

2019年1月のコラム

2018年12月のコラム


コメント

藤野俊幸 on 藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第6回:最速サーブは手のひらを被せて打つ

nakaya0 on 藤野俊幸の目指せ!自分史上最速サーブ>第6回:最速サーブは手のひらを被せて打つ

橋爪宏幸 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング >並行陣の縦割フォーメーション

y0312 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング >並行陣の縦割フォーメーション

橋爪宏幸 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング>ストレートアタック時のポジショニング

suzuki727 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング>ストレートアタック時のポジショニング

海老名正明 on 動き出しを良くする

se7120121 on 動き出しを良くする

hisao1112 on 石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

hisao1112 on 石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

hisao1112 on 不田涼子の秘密特訓ボレー編:ボレーが見違える!上達のツボ

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

pure123 on 中屋晋の攻撃フットワーク技:回り込みフォアで攻める足さばき

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

→ページの先頭へ戻る

動画でテニスが上達するテニスストリームTV