動画でテニスが上達するテニスストリームTV

ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

twitter
ワンポイントコラム

2017-03-27


緊張感のある練習

先週、私が指導している、大学テニス部の練習試合がありました。終盤の緊張高まる場面で上級生が2人ともミスを連発するのを見て、「おやっ」と思いました。なぜならば、昨年まで2人は、緊張が高まる終盤に強かったからです。しかし、2日後の自主練習を見てその答えはわかりました・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2017-03-20


良いプレーの反省会

試合の反省会というと、何だか「悪いところを探し出す会」のような雰囲気になってしまいます。しかし、この悪いところを考える習慣を変えるために、良いプレーの反省会を行うことをおすすめいたします。

例えば、1ゲーム目の40-0でダブルフォールトをして・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2017-03-13


リードは守らない

野球の試合は、2-1のようなスコアで終わることがあります。野球では、リードした状況で残り回数が少なくなれば、投手を変えたり、守備固めを行ったりしてリードを守ることが戦術になります。しかし、テニスは、6ゲーム取らないと勝てないので、このリードを活用して攻撃を育てるのです・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2017-03-06


努力逆転の法則

前回のコラムで、対処法のお話をしました。この対処法の一つ、努力逆転の法則をご紹介いたします。努力逆転の法則は、意識過剰になり過ぎて結果が伴わない時に行うと効果があります。

例えば、サービスがオーバーしてしまう症状が出た時に、あえてラインの外側50cmくらいに的を置いて打つと・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2017-02-26


「ミスをしないように」と思わないこと

私は、練習でも試合でも「ミスをしないように」とは思いません。ミスは結果です。結果に気を取られてしまうと、プレーが萎縮して上達のためにならないのです。だからと言って、ミスを放置するわけではありません。どんなことを心掛ければ、同じミスを減らせるか、その対処法を考えるのです。

例えば、当たりが悪くてミスをしているのであれば、ラケットのスイートスポットで・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2017-02-19


超軽量ラケット

ラケットを選ぶときに、軽い方が使いやすいからと言って、超軽量ラケットを選ぶことはお勧めできません。超軽量ラケットは、バランスがトップヘビーになるように設計されているので、ヘッドの返るタイミングがつかみづらく、ストロークの上達の妨げになっているケースがあるのです・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
パフォーマンスを高める用品情報海老名正明のR40倶楽部

2017-02-05


ナイスゲームは認め合いから

2017年のオーストラリアンオープンは、R・フェデラーの復活優勝で幕を閉じました。決勝戦のテニス史に残るナイスゲームは、フェデラーとR・ナダルの、お互いを認め合う精神から生まれたものだと感じました。

先ず、テニスの上達にとって、良いライバルを作ることは大切なことです。フェデラーとナダルは、お互いのパフォーマンスを認め合い、良いライバル関係を数年に渡って築き上げてきました。フェデラーは、決勝の前のインタビューで・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2017-01-28


半分のショットを目標に

今年に入って、スクール生には10段階で5の力で打ってくださいと、指導しています。40歳を過ぎて体力を2倍にすることは、なかなか難しいことですが、半分の力で打てるショットが増えてくれば、体力の消耗も防げるし、ケガのリスクも少なくなるのです。

5の力を感じるのは、手の感覚です・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2017-01-21


努力は壁に当たる

昨年読んだ本の一文に、「努力は壁に当たる」と記されていました。「努力は報われる」と言うのは、間違いではないのですが、報われる前に、壁が立ちはだかるそうです。

努力をすることで、前に進むことが出来ますが、前に進んだことで今まで見えなかった壁が出現するのです。同じ場所に立ち止まっている人は・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2017-01-14


一年計画で

年が変わり、私のレッスンも、ほぼスタートを切ることが出来ました。年初めのレッスンは、生徒に抱負を聞くことが慣例になっているので、ほとんどの方が、正月中に決意を考えてくれています。この年初の決意は、一年計画で進むことが出来るので、毎年とても大切なのです・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2017-01-08


2017年に思うこと

2016年は、50才になり私がコーチ業をはじめてから、30年が通過しました。今考えるとあっという間の30年でしたが、まだまだ指導を進化させ、「いつでも・どこでも・だれとでも・いつまでも楽しんでテニスをする」の目標に今年も歩みたいと思っています。

20代の頃は、がむしゃらに頑張ることで、生徒とのつながりを作ってきました。自分のプレーも、サービス&ボレーの全盛期だったこともあり、ひたすらネットを目掛けて突進し、ポイントを取るか取られるかのプレーでした。

30代に入り瞬発力が劣りはじめ、余裕で取れると思ったボールが取れなくなり、このままではテニスの先細りを感じ、考えるテニスを取り入れはじめました。ショットの意味を考えて、配球や戦術を意識したプレーを多く指導しました。

40代に入ると、生涯テニス・一生テニスを目標にして、筋肉や関節に優しい、効率良く楽に打てる易しいフォームの指導を目指して模索している中で、4年前にレッシュ理論(4スタンス理論)に出会いました。昨年は、レッシュ理論の奥深さを更に吸収するために、レッシュメンバーに入会し、15時間のセミナーと2度の昇級試験を経てマスター級トレーナーを取得し、皆様に指導できる資格を得ることが出来ました。

まだまだ、日々のレッスンでも発見や気付きが多くあります。レッシュ理論を30年の経験に融合させて、一人ひとりの個性に合った、コツをお伝えできれば幸いです。一歩一歩コツコツと進みたいと思っています。今年もよろしくお願いします・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
コーチの独り言海老名正明のR40倶楽部

2016-12-25


4スタンステニス:ワキは閉めるのか、ゆったり使うのか

今回は、フォアハンドストロークのワキの使い方を4スタンス理論に基づいて解説します。さまざまな指導書の中には「ワキを閉めるように」と書かれたものがあります。また、「ワキはゆったり使った方が良い」と書かれたものもあります。これはどちらも正解で、4スタンスのタイプによって異なるのです・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2016-12-10


4スタンステニス:Aタイプなら腰高に見えてOK

「ヒトの身体の使い方は4種類ある」という4スタンス理論は、軸の理論でもあります。A1、A2、B1、B2の4種類のうち、A1、A2の属するAタイプとB1、B2の属するBタイプでは、軸を作る基点が異なります。

Aタイプは、「みぞおち」と「ヒザ」と「土踏まず」に軸の基点があり、この3点を重力線上にそろえることで運動軸と・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2016-11-30


4スタンステニス:グリップの個性

今回は、4スタンス理論にもとづいて、ラケットのグリップの握り方のコツを紹介します。
 
まずはあたなのタイプ診断をしましょう。電車に乗っているシーンを想像してみてください。混んでいる車内で立っているあなたは、どうやってつり革をつかんでいますか。
 
指先で引っ掛けるようにつり革を握る方は、4スタンス理論でいうAタイプです。一方、指の付け根や手のひらで包み込むように握る方は、Bタイプになります・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2016-11-19


4スタンステニス:高いボールが苦手なBタイプ

遠く離れた人に大きな声を出す姿を想像してみてください。あなたは、体を伸ばしながら後ろに反らせるようにしますか。それとも逆に、体を縮めながらかがむようにして大きな声を出そうとしますか。
 
このどちらを選択するかで、4スタンス理論でいうABタイプの違いが判ります・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2016-11-11


4スタンステニス:クロスタイプは2度引きに見える

4スタンスの個性の分け方に、クロスタイプとパラレルタイプという分け方があります。
 
体幹を斜めに使うのがクロスタイプで、A-1とB-2がこのクロスタイプになります。パラレルタイプは、体幹の同側を縦方向に使うのが特徴です。A-2とB-1がパラレルタイプになります。

クロスタイプの方は、自転車に乗っていて坂道など力を入れたいときに、ハンドルを左右に倒し込むようにするか、自分の体を左右に動かして出力を出そうとします。パラレルタイプの方は、前後の動きだけで、左右に揺れることはありません・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2016-11-02


4スタンステニス:4種類の個性

テニス界に、一番良いフォームが存在するのであれば、トッププロは、全員同じフォームになるはずですが、実際は皆それぞれ違います。しかし、4スタンス理論(※1)を勉強してみると、4種類に大別できることがわかりました。

例えば、徒競走のスタート時、ヨーイの合図で上半身を前足に乗せようとする人と、後ろ足に乗せようとする人がいます。これは・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2016-10-25


ゆっくり振る

フォームのバランスを崩して手打ちになっている方には、ゆっくり振るように指導する時があります。調子が悪い方は、フォームに連動性がなくなり、手打ちになってしまうのです。手打ちになったスウィングは、打ち急ぎの要因になり、ゆっくり振れなくなってしまうのです。

何故ゆっくり振ると良いのでしょうか・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2016-10-16


決まりごとを作る

以前読んだ本(※)の冒頭に、「人間が一日に使える意思決定の量は限られている」という一文がありました。テニス的に解釈すると、試合の当日に、着るウェアを決めたり、会場までのルートを迷ってしまったりすると、試合前から脳が疲れてしまい、判断力が弱くなり、試合の後半に中途半端なプレーになるか、雑になってしまう可能性があるということです。
 
例えば、イチロー選手は、毎日同じ昼食を食べて・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2016-10-09


条件を付ける

練習で出来ることが、試合になると結果を恐れてしまい積極的になれない人は、結果に条件を付けると良いでしょう。

例えば、ポーチに出るのをためらっている場合は、「ストレートを抜かれるかも」という思いが積極性を奪っているので、「ストレートを抜かれるかもしれないけど、ポーチに出るね」という条件を・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

コメント質問の方法
最近のコラム

センターのボールで急造ペアかベテランペアか見る

緊張感のある練習

早川克意のTennis上達Tips:「カベを押す」でフォアを威力アップ

相手ペアの司令塔はどちらかを見る

良いプレーの反省会

石井宏昌のラリー入門ビギナーズ:ラリーが長く続かないのはなぜ?

ゲーム中盤は相手を試す時間

リードは守らない

早川克意のTennis上達Tips:ムチのような腕づかいでサーブ高速化

相手が縦割りペアか横割りペアか見る


コラムニスト

海老名正明のR40倶楽部

橋爪宏幸の勝利のレシピ

メルマガ担当イチ押しコンテンツ

動画レッスン連動コラム


カテゴリー

テクニック上達のマル秘ヒント

明日の試合で役立つダブルス戦術

ライバルに勝つシングルス必勝戦術

上達を早める思考法・メンタル術

プレー前後のフィジカルケア

パフォーマンスを高める用品情報

コーチの独り言


過去のコラム

2017年3月のコラム

2017年2月のコラム

2017年1月のコラム

2016年12月のコラム

2016年11月のコラム

2016年10月のコラム

2016年9月のコラム

2016年8月のコラム

2016年7月のコラム

2016年6月のコラム


コメント

hisao1112 on 石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

hisao1112 on 石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

hisao1112 on 不田涼子の秘密特訓ボレー編:ボレーが見違える!上達のツボ

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

pure123 on 中屋晋の攻撃フットワーク技:回り込みフォアで攻める足さばき

藤野俊幸 on 藤野俊幸のスピンサーブ最終結論:スピンサーブをグレードアップ!

戸所広 on 試合当日の過ごし方(2)

ichirou66 on 藤野俊幸のスピンサーブ最終結論:スピンサーブをグレードアップ!

海老名正明 on ロブを使いましょう

katuhisa0908 on ロブを使いましょう

goldenlily30 on ロブを使いましょう

海老名正明 on ロブを使いましょう

goldenlily30 on ロブを使いましょう

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

→ページの先頭へ戻る

動画でテニスが上達するテニスストリームTV