動画でテニスが上達するテニスストリームTV

ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

twitter
ワンポイントコラム

2017-12-12


身体の動きをつかみ取る

フォームの習得レッスンは、全体像をイメージさせて行う場合と、体のパーツの一部分に意識を集中して行う場合とに、分けることができます。シーズンオフのこの時期は、体のパーツにこだわって行うことで、身体の動きをつかみ取れるようにすると良いでしょう。

例えば、試合が近い方のレッスンでは・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-12-06


栄養士のように

時々、生徒に「どんな練習をすれば良いですか?」と質問されることがあります。このような質問は、「何を食べれば良いですか?」という質問と同じで、栄養士のように「バランスの良い練習が大切です」と答えるようにしています・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-11-30


動きの遅い人に合わせる

並行陣の戦術を増やすには、コンビネーションが必要になります。コンビネーションは2人の動きをシンクロさせることで、並行陣のメリットが発揮されます。動きのスピードに差があるペアの場合は、速い方が遅い人に合わせると良いでしょう。

例えば、2人ともにベースライン付近に下がった状況から、動きの速い人が自分のペースでアプローチを打ってしまうと・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-11-22


トップスピンロブのスマッシュ

トップスピンロブのスマッシュは、難易度の高いスマッシュです。放物線の頂点を過ぎたボールは、自然落下のボールよりも急激に落ちてきます。そのため振り遅れやすく、ラケットの芯で捕らえきれずに、ミスが増えてしまうのです。

トップスピンロブを打てる人との試合では、自然落下のスマッシュを打つときに、70%くらいのスウィングスピードで打つと良いでしょう・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-11-15


難しいことは難しい

先日ダブルスのゲーム中に、相手のレシーブをハーフボレーしてネットした生徒が、「今のハーフボレーはどうしたらよいですか?」と質問されたので、「1stサービスが入らなかったことを反省した方が良いです」と答えました。

サービスゲームの30-40で、入れにいった2ndサービスに対して、相手がスライスを使ってレシーブダッシュして・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2017-11-07


1ポイント目は自滅を避ける

プロ野球日本シリーズが終わり、秋が深まってきました。野球の解説で「先頭打者に四球を与えないことが大切」という言葉をよく耳にします。野球の四球は自滅のことです。テニスのゲームでも、1ポイント目は自滅を避けることが大切です・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2017-11-01


ネットしても良いですよ

先日、上級クラスの生徒で、フォアハンドストロークが振り切れなくなったTさんに、「ネットしても良いですよ」とアドバイスを行いました。ネットは悪いことだと思い過ぎていたTさんは、試合で短い甘いボールをネットミスしてから、振り切れなくなってしまったそうです・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2017-10-21


高さのコントロール

初級者にとってストロークを安定させることは、大切な課題の一つです。INかOUTかの結果に気を奪われるのではなく、ボールの高さをコントロールするように心掛けると、フォームの安定につながり、結果も安定してきます。

スウィングは、フォワードスウィングとフォロースルーの2つに分けることができます。ボールの高さは、フォワードスウィングで作ります。テークバックから・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-10-14


相手を疲れさせる

上級者同士のシングルスでは、技術的にほとんど差がなくなってきます。そのため、体力の有無で最後の勝敗が決まることがあります。プロのインタビューでの敗者のコメントも「最後は足が動かなくなってしまいました」等の言葉がよく聞かれます。相手を疲れさせることが、戦術の一つになります・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
ライバルに勝つシングルス必勝戦術海老名正明のR40倶楽部

2017-10-07


ボレーのレベルアップのために

ボレーは対応力が大切です。サークルなど多人数の練習環境でボレーをレベルアップさせたい場合は、部員のストロークを、レベルアップさせるのも方法の一つです。私が受け持つスクールの中級クラスを中上級にするために、一年計画でストロークを強化しました・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-09-27


ドロップボレーを成功させる

中級の方にとって、ドロップボレーは憧れのテクニックの一つです。ダブルスの並行陣でドロップボレーを成功させるためには、ドロップボレーだけを練習するのではなく、ロングボレーやロブボレーの練習も同時に行うと良いでしょう・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-09-19


ボールの深さから作り出す

ダブルスのレシーブは、ネットプレーヤーがいるのでコースを考えて、プレースメントを重視する必要があります。しかし、シングルスはコースよりもボールの深さを作り出すことからはじめて下さい。

シングルスのレシーブが苦手という理由で、プライベートレッスンを申し込まれたTさん。実際に打ってもらうと・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-09-14


フォアハンドストロークを整える

フォアハンドストロークは、打点の幅が広いのがメリットです。しかし、調子が悪くなると幅の広い打点のために、フォームが崩れやすいのもフォアハンドストロークの特徴の一つです。フォームを整えるコツを状況別にご紹介します・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-09-05


前衛が主導権を

ダブルスの雁行陣のラリーは、前衛が主導権を握り試合をコントロールする必要があります。先日、私が指導している大学テニス部のダブルスの試合を観戦し、5-7、1-6で敗退した試合からこのことを強く感じました。

この試合では、ペアのレベル差があることも一因になりました。一人は2年前から試合に出場しているN選手で、もう一人は今回の試合が初出場のI選手です。この試合の問題は、N選手が後衛の時に・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
明日の試合で役立つダブルス戦術海老名正明のR40倶楽部

2017-08-29


しなやかに払うように

フォアハンドストロークのリストワークについて、質問された時は、「しなやかに払うように打ってください」と言うことがあります。机の上のホコリを指で払うイメージでリストを、しなやかに動かすのです。

リストを、ガチガチに固めてしまっては、ヘッドスピードは上がりません・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-08-23


2ndサービスは攻撃

上級を目指す方は、2ndサービスでも攻撃のパターンが必要になります。2ndサービスが100%入ったとしても、2ndサービスのポイント取得率が0%だったら意味が無いのです。入れるだけの2ndサービスを卒業して、攻撃のパターンを増やして下さい。

上級レベルのレシーブでは、2ndサービスの攻撃パターンを持っています。そのため2ndサービスの時にもパターンがないと、ポイント取得率がどんどん下がってきます。パターンを作ることで、取得率をアップさせることが可能なのです。

パターン1:デュースサイドで・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-08-17


アングルボレーは短いボレー

アングルボレーを成功させるコツは、距離の短いボールを打つことです。アングルボレーでのアウトは、サイドアウトです。サイドアウトは、距離が長いために起こるミスなのです。距離を短くするコツを、ネットより高いボールと、低いボールで分けてご紹介いたします・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-08-08


プラス1

連日の猛暑でコートに出ても、モチベーションがなかなか上がらない方は、プラス1の考え方を目標にすると良いでしょう。

例えば、初心者の方が、ラリーを10球できるようになったのなら、次は11球を目標にし、11球の次は12球とプラス1ずつ目標を増やすのです。この小さな目標を積み重ねることで・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

2017-07-29


浅く来たチャンスボール

浅く来たチャンスボールをポイントにつなげることは、シングルスの技量の見せどころです。ラリーで主導権を握り、相手のボールが浅くなっているにもかかわらず、ミスを恐れて返球するだけになってしまっていては、上級への道が閉ざされてしまいます。

まず考えることは、状況判断です・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
テクニック上達のマル秘ヒント海老名正明のR40倶楽部

2017-07-22


ギアを増やしましょう

今年のウインブルドンは、ロジャー・フェデラーの優勝で幕を閉じました。決勝戦の前に、ボリス・ベッカー氏が「トッププレーヤーは6速くらいのギアがあるのに対して、フェデラーは10速までギアがある」と表現していました。

フェデラーは、10速のギアを状況に応じて使い分け、繊細なボールタッチを作り出す技術が・・・[続きを読む]


コメント(0)を見る・書く
上達を早める思考法・メンタル術海老名正明のR40倶楽部

コメント質問の方法
最近のコラム

石田洋平のテニススキルアップ術>風対策編:風の中のストローク術

身体の動きをつかみ取る

ゲームポイントではサインプレーでポーチに出る

加藤季温のサービス進化論 >第7回:体をダイナミックに使うロジックを学ぶ

栄養士のように

同じゲーム数を取っているとき1stサーブではセンターに入れる

石田洋平のテニススキルアップ術>風対策編:風の中のサーブ術

動きの遅い人に合わせる

私なりの作戦の立て方・相手ペアを丸裸にする(3)

加藤季温のサービス進化論 >第6回:たわんで戻る腕づかいでサーブを高速化


コラムニスト

海老名正明のR40倶楽部

橋爪宏幸の勝利のレシピ

メルマガ担当イチ押しコンテンツ

動画レッスン連動コラム


カテゴリー

テクニック上達のマル秘ヒント

明日の試合で役立つダブルス戦術

ライバルに勝つシングルス必勝戦術

上達を早める思考法・メンタル術

プレー前後のフィジカルケア

パフォーマンスを高める用品情報

コーチの独り言


過去のコラム

2017年12月のコラム

2017年11月のコラム

2017年10月のコラム

2017年9月のコラム

2017年8月のコラム

2017年7月のコラム

2017年6月のコラム

2017年5月のコラム

2017年4月のコラム

2017年3月のコラム


コメント

橋爪宏幸 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング>ストレートアタック時のポジショニング

suzuki727 on 橋爪宏幸のダブルス必勝ポジショニング>ストレートアタック時のポジショニング

海老名正明 on 動き出しを良くする

se7120121 on 動き出しを良くする

hisao1112 on 石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

hisao1112 on 石井弘樹の目指せ!上級スライスサーブ:スライスサーブのボディーワーク

hisao1112 on 不田涼子の秘密特訓ボレー編:ボレーが見違える!上達のツボ

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

kom6110 on 40歳過ぎの吸収力は?

pure123 on 中屋晋の攻撃フットワーク技:回り込みフォアで攻める足さばき

藤野俊幸 on 藤野俊幸のスピンサーブ最終結論:スピンサーブをグレードアップ!

退会手続済み on 試合当日の過ごし方(2)

ichirou66 on 藤野俊幸のスピンサーブ最終結論:スピンサーブをグレードアップ!

海老名正明 on ロブを使いましょう

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

→ページの先頭へ戻る

動画でテニスが上達するテニスストリームTV