ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

twitter
動画レッスンサーチ 新着順一覧へ カテゴリー一覧へ

見たいレッスンをキーワードで入力してください。

検索ヘルプ

公開日

2018.9.11

終了予定日

2018.9.17

>片手パッシングショット

僕は本来バックハンドは両手打ちですが、両手打ちはリーチが短いので、遠くに打たれたボールを返球する場合は片手打ちのスライスで対処するケースが多くなります。でも、スライスを相手に読まれると、ネットに詰められてボレーで簡単に決められてしまいます。

遠いボールはどうやって対処したらいいのか、という悩みをコーチのジョン(・ハンキ氏)に打ち明けた時に教えてもらったのが、片手でパッシングショットを打つ技術でした。

片手なら両手で打つよりも一歩前に踏み込んでいけます。グリップは少し厚めに握り、腕全部を振っていくのではなく、コンパクトなスウィングでインパクトに集中し、最後に手首を使ってラケットを前に出していく。この打ち方なら、遠いボールでもパッシングショットを打つことができると教えられ、練習を始めました。

最初はスウィングが大きくなって体がばらばらになってしまい、うまくいかなかったのですが、1回につき30分近くかけて集中的に練習を積み、ようやくシャープなスウィングでパスを打てるようになりました。このショットの注意点は、走って打点に入る際、体を流さずに足をぐっと入れて体をストップさせてからスウィングすることです。体が伸び上がらないように、低い姿勢をキープしたまま、打ち抜きます。

シングルスで相手がネットに出てきた時を想定し、ストレート、ショートクロスを打ち分けてみましょう。ダブルスなら、ショートクロスに打つパスが効果的です。両手打ちだと思っていた相手が、片手でショートクロスにパスを打ってきたら、相手は驚くでしょうね。(配信終了日:2018年9月17日)

動画再生をする


※この動画レッスンシリーズは『DVDマガジン 上達の玉手箱 vol.13』(定価3,024円)に収録されています。



上達の玉手箱 vol.13

動画ボタンが変わりました

<お知らせ>
「MPEG4」「QuickTime」「Flash」の各ボタン(旧動画配信システム)は2017年3月31日に終了しました。


プレミアム会員専用動画レッスンの視聴ガイド

テニスストリームTVプレミアム会員入会のご案内

プレミアム会員専用動画レッスンは、テニスストリームTVプレミアム会員(月額540円)の専用サービスです。

動画レッスンの視聴環境

プレミアム会員専用動画レッスンは、以下の視聴環境でご覧いただける動画を配信しています。

視聴環境
デバイス 仕様
OS PC

Windows 8.1以上または7/Mac OSX以上

iPhone

iOS8以上

Android

Android4.1以上

CPU PC

Pentium4 1.8GHz以上

ブラウザ PC

Internet Explorer 11以上/Firefox/Safari/Chrome

※Internet Explorerは上記対象OS上での最新版のみサポートです。
※CookieとJavascriptを有効にして下さい。

Flash Player PC

Ver 18以上

iPhone/iPad

不要

Android

不要

動画は高速インターネット回線(光、ADSL、ケーブルTVなど)で視聴してください。ご使用のPC、タブレット等のスペック性能、またインターネット接続回線の通信速度によっては動画のダウンロードに時間がかかる場合や正常に再生できない場合があります。動画の視聴に関する不具合については「よくある質問(動画視聴について)」をご参照ください。

おすすめレッスン動画
動画でテニスが上達するテニスストリームTV