ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

twitter
動画レッスンサーチ 新着順一覧へ カテゴリー一覧へ

見たいレッスンをキーワードで入力してください。

検索ヘルプ

公開日

2019.5.17

終了予定日

2019.11.17

>上級ボレーは引いて打つ

バックボレーは「ラケット面で押す」ような打ち方と「ラケットヘッドを引く」ような打ち方があります。中級レベルであれば、面で押す打ち方で十分戦えます。とくに最近の好反発ラケットなら、押すだけでもそれなりに強いボレーが打てます。

ただし、ボールの後ろに入って面で押す打ち方だと、相手にコースを読まれやすくなります。また、押すときはちょっと踏ん張って打つので体がその場に残りやすく、ボレーを打ってさらに前に出るとき、一瞬動きが遅れがちです。

一方、ヘッドを引く打ち方なら、相手から面の向きが見えにくくなるので、コースを打ち分けても相手に読まれにくくなります。また、体重を乗せながら打てるのでボレー後にスムーズにネットに出やすくなります。もちろんボレーの球威も、押す打ち方より格段に上がります。

引く打ち方を練習するときは、グリップの指の感覚をちょっと変えてみましょう。押すときは親指が強く意識されます。一方、引くときは小指が大事です。親指は添えているだけ、小指で引くイメージを持ってみましょう。

対戦する相手のレベルが上がってくると、押す打ち方のバックボレーだけでは対抗しにくくなってきます。ぜひ、引く打ち方のバックボレーも練習してみてください。

動画再生をする

動画ボタンが変わりました

<お知らせ>
「MPEG4」「QuickTime」「Flash」の各ボタン(旧動画配信システム)は2017年3月31日に終了しました。


プレミアム会員専用動画レッスンの視聴ガイド

テニスストリームTVプレミアム会員入会のご案内

プレミアム会員専用動画レッスンは、テニスストリームTVプレミアム会員(月額540円)の専用サービスです。

動画レッスンの視聴環境

プレミアム会員専用動画レッスンは、以下の視聴環境でご覧いただける動画を配信しています。

視聴環境
OS/アプリ バージョン
デスクトップ Windows

7、8.1以上

Mac

OSX Yosemite以上

ブラウザ Chrome

58以上

Firefox

52以上

Internet Explorer

11以上

MS Edge

14以上

Safari

10以上

モバイル/タブレット iOS

9以上/Safari

Android

4.4以上/Chrome

動画は高速インターネット回線(光、ADSL、ケーブルTVなど)で視聴してください。ご使用のPC、タブレット等のスペック性能、またインターネット接続回線の通信速度によっては動画のダウンロードに時間がかかる場合や正常に再生できない場合があります。動画の視聴に関する不具合については「よくある質問(動画視聴について)」をご参照ください。

おすすめレッスン動画
動画でテニスが上達するテニスストリームTV