ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

twitter
動画レッスンサーチ 新着順一覧へ カテゴリー一覧へ

見たいレッスンをキーワードで入力してください。

検索ヘルプ

公開日

2019.7.1

終了予定日

2019.10.1

>短く低い球を軽快にさばいて得点したい!

相手のボールがサービスライン付近に短く返ってきた場合、高く弾む球なら強打して一気に攻め込んでいけますが、バウンドの低い球をネットより低い打点から強打しようとすると、ネットしたりアウトしたり、ミスしがちです。

短いボールのミスを防ぐために、まずはボールへの入り方を工夫しましょう。短い球が来ると、ボールに対して正面向きで走ってそのまま正面向きで打ってしまいがちですが、体が開いた状態のまま打ってしまうと体が窮屈になって狙ったコースに打てず、ミスしやすくなります。
 
短い球を打つ際は、近くまで走ったらサイドステップで横向きを作って打点に入るようにしましょう。サイドステップしてフォア側にスウィングの空間を作れば、相手にコースを読まれることなく、自在にコントロールできるようになります。

また、短く低いボールを強く打つとネット、アウトの危険が高まってきます。力加減は通常の3〜4割程度で十分ですから、右ヒザを曲げてボールの下にラケットを入れて、軽くトップスピン回転をかけるようにして打っていきましょう。その1本で決めようと思わずに、次のボレーで仕留める気持ちでつなぎのプレーをすることが大切です。
 
※この動画はプレミアム会員に3ヶ月以上継続して加入している方専用の3M継続特典映像です。

検索ヘルプ3M継続とは?



動画再生をする

【3M継続】石田洋平のやさしいフォアハンド再生術

>チャンスでのミスショットを無くしたい!

ラリー中、相手のボールが甘くなった時に「チャンスだ!」と思って強打すると...

動画ページへ    

公開日2019.6.24 終了予定日2019.9.24

動画ボタンが変わりました

<お知らせ>
「MPEG4」「QuickTime」「Flash」の各ボタン(旧動画配信システム)は2017年3月31日に終了しました。


プレミアム会員専用動画レッスンの視聴ガイド

テニスストリームTVプレミアム会員入会のご案内

プレミアム会員専用動画レッスンは、テニスストリームTVプレミアム会員(月額540円)の専用サービスです。

動画レッスンの視聴環境

プレミアム会員専用動画レッスンは、以下の視聴環境でご覧いただける動画を配信しています。

視聴環境
OS/アプリ バージョン
デスクトップ Windows

7、8.1以上

Mac

OSX Yosemite以上

ブラウザ Chrome

58以上

Firefox

52以上

Internet Explorer

11以上

MS Edge

14以上

Safari

10以上

モバイル/タブレット iOS

9以上/Safari

Android

4.4以上/Chrome

動画は高速インターネット回線(光、ADSL、ケーブルTVなど)で視聴してください。ご使用のPC、タブレット等のスペック性能、またインターネット接続回線の通信速度によっては動画のダウンロードに時間がかかる場合や正常に再生できない場合があります。動画の視聴に関する不具合については「よくある質問(動画視聴について)」をご参照ください。

おすすめレッスン動画
動画でテニスが上達するテニスストリームTV