ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

twitter
動画レッスンサーチ 新着順一覧へ カテゴリー一覧へ

見たいレッスンをキーワードで入力してください。

検索ヘルプ

公開日

2019.9.10

終了予定日

2019.9.16

>【STEP1】苦手なバックハンドの克服術

バックハンドに苦手意識を持っている人は多いのではないでしょうか。実は私もバックハンドは大の苦手でした。ジュニア時代、バックを狙われて自滅した悔しい経験も何度もあります。今回は、私が苦手だったバックハンドをどのように克服していったのか、をお話しながら、苦手克服のヒントを皆さんにお伝えしたいと思います。
 
バックが苦手だった私は最初、「バックハンドもフォアハンドなみに打てるようになろう」と考えてかなり気合を入れて練習しました。「今日はバックしか打たない」と決めて集中的に練習した日もありました。ところが、思うように上達せず、逆に得意だったフォアまで調子が悪くなってしまったこともあります。
 
そこで気づいたのは「フォアと比べてバックが劣るのは当たり前。自分にはフォアハンドがあるのだから、バックハンドは攻撃力ではなく守備力を磨こう」ということでした。「エースは奪えなくてもいいから、自分からミスはしないように心がけよう」と考えると、バックハンドに対するプレッシャーがかなり軽減されました。
 
また、もう一つ私がバックの苦手意識を克服するきっかけになったのは、両手打ちでスライスを覚えたことです。両手打ちは基本的にトップスピンが打ちやすい打法ですが、スライスを覚えることで返球のコースやペースを変えたり、ドロップショットを使ったりできるようになり、自分から展開を作れるようになりました。
 
苦手克服の第一のコツは「自分からミスしないレベルになること」、第二のコツは「バックのスライスを覚えること」。2回目以降は、この2つを目標にレッスンをしていきます。(配信終了日:2019年9月16日)

動画再生をする


※この動画レッスンシリーズはPPV動画『長塚京子の秘密特訓!両手バック編』に収録されています。



PPV動画『長塚京子の秘密特訓!両手バック編』

動画ボタンが変わりました

<お知らせ>
「MPEG4」「QuickTime」「Flash」の各ボタン(旧動画配信システム)は2017年3月31日に終了しました。


プレミアム会員専用動画レッスンの視聴ガイド

テニスストリームTVプレミアム会員入会のご案内

プレミアム会員専用動画レッスンは、テニスストリームTVプレミアム会員(月額540円)の専用サービスです。

動画レッスンの視聴環境

プレミアム会員専用動画レッスンは、以下の視聴環境でご覧いただける動画を配信しています。

視聴環境
OS/アプリ バージョン
デスクトップ Windows

7、8.1以上

Mac

OSX Yosemite以上

ブラウザ Chrome

58以上

Firefox

52以上

Internet Explorer

11以上

MS Edge

14以上

Safari

10以上

モバイル/タブレット iOS

9以上/Safari

Android

4.4以上/Chrome

動画は高速インターネット回線(光、ADSL、ケーブルTVなど)で視聴してください。ご使用のPC、タブレット等のスペック性能、またインターネット接続回線の通信速度によっては動画のダウンロードに時間がかかる場合や正常に再生できない場合があります。動画の視聴に関する不具合については「よくある質問(動画視聴について)」をご参照ください。

おすすめレッスン動画
動画でテニスが上達するテニスストリームTV