ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額550円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額550円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

twitter
動画レッスンサーチ 新着順一覧へ カテゴリー一覧へ

見たいレッスンをキーワードで入力してください。

検索ヘルプ

公開日

2019.12.13

終了予定日

2020.12.13

>上級者は最低のレシーブを知っている

中級レベルの人のレシーブ練習を見ていると「なぜ、あんな難しいショットばかり練習しているのかな」と思うことがあります。上級者は、最高のレシーブばかり練習しているわけではありません。シングルスならセンターに深く返す。ダブルスならクロスに短く返す。スピードはゆっくりで構わないから、とにかく返す。この最低のレシーブをいつでも打てるように練習することが上級への道だと考えてください。

また、レシーブの際「テークバックを引きすぎないように」とか「大振りしちゃダメだ」と意識している人は多いと思います。このような意識も大切ですが、極端に考えすぎて、いきなりラケットを前に突き出してしまうと、打とうとして体をターンしたときに結局ラケットを引きすぎてしまいやすいので注意してください。

前へ出すというより、一度自分のほうへラケットを引き付けるイメージです。あるいは、ラケットに体を近づけるイメージでも良いでしょう。また、打つ時には左足をしっかり踏み込むことで体に軸が作られます。軸を作ることで、打った後に戻る動作が素早く行えるようになります。この一連の動作のイメージができてくると「最低のレシーブ」が完成するでしょう。

動画再生をする

海老名正明の上級への道レシーブ編

>上級レシーブは左右でモードを切り替える

上級者はレシーブのとき、フォアとバックでモードを切り替える場合があります。たとえば、カウント15-40の場面。あと1ポイントで...

動画ページへ    

公開日2020.1.10 終了予定日2021.1.10

海老名正明の上級への道レシーブ編

>上級レシーブはポジションを変える

皆さんはレシーブの時にどのあたりにポジションを取りますか。「レシーブの時は大体このあたりで構える」と位置を決めている人もいると思いますが...

動画ページへ    

公開日2019.12.27 終了予定日2020.12.27

動画ボタンが変わりました

<お知らせ>
「MPEG4」「QuickTime」「Flash」の各ボタン(旧動画配信システム)は2017年3月31日に終了しました。


プレミアム会員専用動画レッスンの視聴ガイド

テニスストリームTVプレミアム会員入会のご案内

プレミアム会員専用動画レッスンは、テニスストリームTVプレミアム会員(月額550円)の専用サービスです。

動画レッスンの視聴環境

プレミアム会員専用動画レッスンは、以下の視聴環境でご覧いただける動画を配信しています。

視聴環境
OS/アプリ バージョン
デスクトップ Windows

7、8.1以上

Mac

OSX Yosemite以上

ブラウザ Chrome

58以上

Firefox

52以上

Internet Explorer

11以上

MS Edge

14以上

Safari

10以上

モバイル/タブレット iOS

9以上/Safari

Android

4.4以上/Chrome

動画は高速インターネット回線(光、ADSL、ケーブルTVなど)で視聴してください。ご使用のPC、タブレット等のスペック性能、またインターネット接続回線の通信速度によっては動画のダウンロードに時間がかかる場合や正常に再生できない場合があります。動画の視聴に関する不具合については「よくある質問(動画視聴について)」をご参照ください。

おすすめレッスン動画
動画でテニスが上達するテニスストリームTV