ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額550円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額550円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

twitter
動画レッスンサーチ 新着順一覧へ カテゴリー一覧へ

見たいレッスンをキーワードで入力してください。

検索ヘルプ

公開日

2020.4.24

終了予定日

2020.10.24

>レッスン1:トップスピンを打ってみよう!

トップスピンと聞くと、R・ナダル選手のようにガンガン打つイメージを持つ人もいるかもしれませんが、本来は、ボールに縦回転を与えて安定して相手コートに入るようになる、そういうショットのことをトップスピンボールと言います。最初はゆっくりしたスピードで構いませんから、ボールに縦回転を与えて打つ練習をしてみましょう。
 
まずはグリップの確認です。コンチネンタルなどの薄いグリップではトップスピンを打つのは難しくなってきますから、イースタングリップからウエスタングリップの間の比較的厚めに握ることをオススメします。動画レッスンで紹介しているような方法で、ぐらつかずにしっくりくるグリップを自分なりに見つけて下さい。
 
次に打点の確認です。トップスピンを打つ時は体より前で捕らえます。どれくらい前が適当なのか実際にドリルで確かめて下さい。打点が後ろすぎると体の回転が使いづらくなってしまい、手だけで振ることになります。トップスピンは手の振りではなく、体の回転をしっかり使うことが大切ですから、目安としては前足よりボール2個分程度前で捕らえるように心がけましょう。
 
最初は、ネットに近い位置に立って、そこからネットより低い打点で捕らえて相手コートのベースライン方向にボールを打つ練習を行います。スウィングはゆっくりで構いませんから、体をしっかりと回転させながらラケットをワイパーのように振り切って打って下さい。自然にトップスピン回転がかかり、ネットを越してから相手コート内に入る弾道のボールになります。これがトップスピンです。

動画再生をする

長塚京子の秘密特訓!フォアハンドトップスピン編【リメイク版】

>レッスン2:超アングル練習でスピン感覚をつかむ

トップスピンを覚える上で重要なのは、ボールをラケット面でしっかり捕らえて、回転をかけていく感覚を...

動画ページへ    

公開日2020.5.8 終了予定日2020.11.8

動画ボタンが変わりました

<お知らせ>
「MPEG4」「QuickTime」「Flash」の各ボタン(旧動画配信システム)は2017年3月31日に終了しました。


プレミアム会員専用動画レッスンの視聴ガイド

テニスストリームTVプレミアム会員入会のご案内

プレミアム会員専用動画レッスンは、テニスストリームTVプレミアム会員(月額550円)の専用サービスです。

動画レッスンの視聴環境

プレミアム会員専用動画レッスンは、以下の視聴環境でご覧いただける動画を配信しています。

視聴環境
OS/アプリ バージョン
デスクトップ Windows

7、8.1以上

Mac

OSX Yosemite以上

ブラウザ Chrome

58以上

Firefox

52以上

Internet Explorer

11以上

MS Edge

14以上

Safari

10以上

モバイル/タブレット iOS

9以上/Safari

Android

4.4以上/Chrome

動画は高速インターネット回線(光、ADSL、ケーブルTVなど)で視聴してください。ご使用のPC、タブレット等のスペック性能、またインターネット接続回線の通信速度によっては動画のダウンロードに時間がかかる場合や正常に再生できない場合があります。動画の視聴に関する不具合については「よくある質問(動画視聴について)」をご参照ください。

おすすめレッスン動画
動画でテニスが上達するテニスストリームTV