動画でテニスが上達するテニスストリームTV

ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

twitter
3M継続特典動画

※「3M継続」は3ヶ月以上継続してプレミアム会員に入会している方のみが視聴可能のコンテンツです。プレミアム会員の入会日から3ヶ月経過した翌日から視聴可能となります。

ワンポイントクリニック動画一覧

01:サーブはひじを上げる

安定したサービスは安定した打点(トスの位置)が重要です。つねに同じ打点でインパクトが得られれば、同じ打球が作れます。

詳細ページへ

02:右腰の入った強いボール

正しいインパクトをつくることは、安定した強いボールを作る上でとても大事です。。

詳細ページへ

03:ボレーは体の向きで打点を作る

ボレーを打つときの体の向きは「横向き」という人もいます。また、「前向き」という人もいます。どちらも正解ですが、不正解でもあります。

詳細ページへ

04:サーブは肩の入れ替えで打つ

肩の入れ替えをスムーズに行うことが、速いサーブを打つ条件です。速いボールは腕の力ではなく、ラケットのヘッドスピードから生まれます。

詳細ページへ

05:バックボレーは右ひじの面

力の入りにくいバックボレーは、右ひじの面を意識してひじの曲げ伸ばしを使うと、パンチのある安定した面を作ることができます。。

詳細ページへ

06:キレのあるスウィング

フォアハンドストロークは肩の回転を意識する場合もありますが、腰の回転を意識することにより下半身の使い方を覚えることができます。

詳細ページへ

07:左手の動きと体のターン

両手打ちバックハンドのメリットは、左手を使えることです。左手を使うことによって、足腰の大きな筋肉を使ったボディーターンでボールを打ちやすくなります。

詳細ページへ

08:左ひざで体の軸を作る

体の回転を使って打つ片手バックハンドドライブは、軸を作る必要があります。プロは、背筋の伸びた姿勢でボールを打ちます。

詳細ページへ

09:右ひじをたたみ込んで打つ

両手打ちバックハンドのメリットは、右手と左手の役割を分けることができる点です。

詳細ページへ

10:払う打ち方で振り切る

片手打ちバックハンドでアウトする原因の一つは、ボールに回転がかからないで飛びすぎてしまうことです。

詳細ページへ

11:コックとリリースでスライスを打つ

相手のコートで低く滑る伸びのあるスライスショットを打てれば攻撃のバリエーションを一つ増やすことができるでしょう。

詳細ページへ

12:ビハインド・ザ・ボール

フォアハンドボレーで強いインパクトの形を作ることができれば、強く安定したボールになります。

詳細ページへ

13:スライスボレーをマスター

ネットから離れた位置(サービスライン付近)で低いボールを相手コートに深く打つときに、スライスボレーを使えるようになると便利です。

詳細ページへ

14:前後に動いてスマッシュを打つ

サーブは打てるのにスマッシュが苦手な方は、フットワークができていない場合が多いです

詳細ページへ

15:正しいボディーターンを覚える

手が自由に動くフォアハンドストロークはバックハンドストロークに比べて手打ちになりやすく、一度スランプになると抜け出すのに時間がかかります。

詳細ページへ

16:連続打ちでバランスのいいスマッシュ

連続打ちのメリットは、同じ動作を素早く繰り返し行うことで余計な力が抜けて筋肉や関節の動きがスムーズになってくることです。

詳細ページへ

17:グリップエンドを意識してインパクト

インパクトは正しい面を作ることが大事です。しかし、面を意識しすぎて早く面を作ろうとすると手打ちになりやすいものです。

詳細ページへ

18:安定したスライスを打つ

安定したスライスを打つには、安定したスイングの軌道が必要です。安定した軌道は、肩を支点にして振り子のように腕を動かすことで作れます。

詳細ページへ

19:フォアボレーはボールをキャッチ

ボレーを打つとき最も大切なことはラケットの真ん中(スィートスポット)でボールを捕らえる(キャッチする)ことです。

詳細ページへ

20:両手打ちでショートクロスに打つ

両手打ちの最大のメリットは左手を使えること。左手を使うことで片手打ちより力強いボールを打つことができます。

詳細ページへ

21:前さばきを覚えてネットに詰める

ネットプレーで攻撃するために大切なことは前へ詰める動きです。 前へ詰めるためにボレーの前さばきを覚えましょう。

詳細ページへ

22:肩と手とひじの三角形を崩さずに打つ

サービスの威力が出ない人は、当たりを良くするように工夫してみましょう。

詳細ページへ

23:安定したバックボレーを打つ

安定したボレーは、体の回転を使わないで打つことが大切です。体の回転を止めて、正しいインパクトを作りましょう。

詳細ページへ

24:放物線をイメージして安定したサーブを打つ

サービスを安定させるための第一歩は、放物線を描くサービスの軌道をイメージすることです。

詳細ページへ

25:サーブを30%の力で打ってみよう

サービスに限らずショットの後にバランスを崩さないことが安定したボールを打つために必要です。

詳細ページへ

26:サーブは胸の前に打点を作って打つ

サービスの当たりが安定しない人は、胸の向きに注意して打ってみましょう。打点に胸を向けることでボールに力が伝わりやすくなります。

詳細ページへ

27:キレのあるスライスサーブにチャレンジ

キレの良いスライスサービスは、力で打つのではなくフレーム方向にラケットのヘッドスピードを上げることが重要になります。

詳細ページへ

28:バックスウィングを省いたシンプルサーブ

サービスが安定しない方は、バックスウィングが不要な《1、セットと捻り。2、スウィング》という二つのリズムでシンプルサービスにチャレンジしてみてください。

詳細ページへ

29:肩のラインを作ってトップスピンを打つ

片手バックハンドは腕を肩のラインと平行に動かすことで、鋭い腕の振りを作ることができます。

詳細ページへ

30:ヘッドを効かせて打つトップスピン

トップスピンはボールに順回転をかけるショット。トップスピンを打つとき、ラケットヘッドを強く効かせて打てば相手のコートで高く弾むヘビートップスピンになります。

詳細ページへ
おすすめレッスン動画
動画でテニスが上達するテニスストリームTV