動画でテニスが上達するテニスストリームTV

ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

twitter
テニスストリームTVオンラインショップ商品の詳細
上達の玉手箱vol.3

DVD マガジン上達の玉手箱 vol.3

指導/海老名正明・加藤季温・早川克意

このDVDには、『トップスピン完全マスター5』(指導・海老名正明)、『シングルス3球攻撃』(指導・加藤季温)、『ネットで攻めるボレー術』(指導・早川克意)の3つのレッスン番組が収録されています。

定価 ¥3,024(税込)

配送料は無料です!(配送方法:クロネコメール便)

【お支払い方法】

支払い方法
商品をカートに入れる

◆このDVDには以下の3つのレッスン番組が収録されています

コンテンツ1 海老名正明 『トップスピン完全マスター5』

いままでフォアハンドのトップスピンを試したけどうまく打てなくて挫折した人、これからトップスピンを覚えたい人を対象に、5段階レッスンでイチから分かりやすくトップスピンの打ち方を指導します。トップスピンをマスターすることで戦術の幅がどんどん広がるでしょう。「しっかり振って入る」というテニスの快感も味わえます。ぜひ、この映像をご覧になって、実際にコートで打って、試してみて下さい。

■レッスン1:手首の使い方の基本

トップスピンを打つためには適度なヘッドスピードが求められますが、ラケットを闇雲に振り回しても肝心のヘッドスピードは上がりません。ヘッドスピードを出すためには手の脱力がカギです。手の使い方で大切なことは、テークバックの時にグリップの力を抜くこと。さらにヒジを曲げながら打つことでヘッドスピードがアップします。

収録時間 2分52秒

■レッスン2:しなやかな腕の振り

強く回転のかかったトップスピンをマスターするために、しなやかな腕の振りを覚えましょう。しなやかな腕の振りは、腕の力に頼って振るのではなく、腰の回転によって作られます。一番先に右腰をインパクトの位置に入れることによって腕が引き出され、力を抜くことでムチのようにしなやかなスウィングが実現します。

収録時間 3分22秒

■レッスン3:2種類のワイパースウィング

ワイパースウィングとは、車のワイパーのようにラケットを動かすスウィングのことです。短くて低いボールや深くて高く弾んでくるボールを、確実にトップスピン回転をかけて打ち返すために2種類のワイパースウィングを覚えましょう。短いボールを打つときは、大きなスウィングは要りません。深くて硬く弾んでくるときは、肩を支点に大きなワイパーを作ります。

収録時間 4分8秒

■レッスン4:ショートクロス

トップスピンを使った戦術の一つに、ショートクロスがあります。ショートクロスにしっかり振り切って打てるようになると、相手がネットに出てきたときにも慌てないで対応できます。練習の際は、映像のようにネットの手前に障害物を置いて、その障害物の位置で頂点を迎えるような弾道のボールを打ってみましょう。

収録時間 3分19秒

■レッスン5:トップスピンロブ

トップスピンロブは、肩のラインを打ち出したい角度(45度くらい)に向けることで簡単に打てるようになります。肩のラインを作る練習として、映像のようなベンチなどに左足を乗せて実際にボールを打ってみるとよいでしょう。左足を高くすれば、右肩が自然に下がってくるので、これまでに習得したトップスピンの打ち方でトップスピンロブが打てます。

収録時間 2分55秒

 

コンテンツ2 加藤季温 『シングルス3球攻撃』

シングルス3球攻撃とは、1打目、2打目、3打目の3本のショットを組み合わせて相手からポイントを奪う攻撃パターンのこと。基本的な攻撃パターンのほかに相手の意表をつく攻撃パターンなど、加藤季温プロが試合で実際に使っている効果的な攻め方を映像で紹介します。各ショットの打ち方だけでなく、ポジションの取り方や打つタイミングなど「上級者はここまで考えてプレーしているのか」と、目からウロコのアドバイス満載です。

■レッスン1:フォアの逆クロスで仕留める攻撃

<パターン1>1打目:フォアでクロスへ→2打目:フォアでクロスへ→3打目:フォアで逆クロスへ
<パターン2>1打目:バックでクロスへ→2打目:バックでストレートへ→3打目:フォアで逆クロスへ

収録時間 4分45秒

■レッスン2:アプローチからネットに出る攻撃

<パターン1>1打目:フォアでストレートに強めにアプローチショット→2打目:バックボレーでストレートに流す→3打目:スマッシュで仕留める
<パターン2>1打目:バックのスライスショットでストレートにアプローチショット→2打目:フォアボレーでストレートに流す→3打目:スマッシュで仕留める

収録時間 5分16秒

■レッスン3:相手の意表をつく攻撃

<パターン1>1打目:浅くアプローチショット→2打目:深いボレーをオープンコートへ→3打目:ドロップボレー
<パターン2>1打目:フォアでショートクロスへ→2打目:相手の意表をついてボレー→3打目:イージーボレーで仕留める

収録時間 5分8秒

■レッスン4:サーブから組み立てる攻撃

<パターン1:デュースサイド >1打目:ワイドへスライスサーブ→2打目:バックでオープンコートへ→3打目:フォアでクロスにウイナー
<パターン2:アドサイド>1打目:ワイドへスピンサーブ→2打目:フォアで逆クロスへ→3打目:フォアでクロスにウイナー

収録時間 5分34秒

コンテンツ3 早川克意 『ネットで攻めるボレー術』

フラットボレーは、インパクトの力を回転に逃がさないためにパワーをロスせず、強いボールが楽に打てます。弾んだ後の失速率も少ないため、エースになる確率も高まります。この攻撃的なフラットボレーの習得を目指してレッスンを行います。また、フラットボレー以外にも、スピンをかけたボレーやスライスボレー、スウィングボレーなど、ゲーム中のさまざまな状況に対応できるボレー術を学んでいきましょう。

■レッスン1:フラットボレーが世界基準

ボレーは一般的にはスライスをかけて打つと考えられているかもしれません。しかし、ボール側から見た場合、スライスボレーだとラケット面が上を向いているために、打球面積が狭くなります。一方のフラットボレーだと、ラケット面を傾けないから打球エリアを最大に使えるのが特徴。とっさの反応が求められるネット戦でも、ミスをしにくくなります。

収録時間 4分17秒

■レッスン2:グリップチェンジ

ボレーのとき、フォアとバックで大きく握り替えていては反応が間に合いません。手のひらの中でグリップエンドの部分だけを、フォアボレーの場合は右側に、バックボレーの場合は左側に、ずらすようにするのです。こうすることで、握り替える時間を短縮しながら、厚い当たりのフラットボレーが打てるようになります。

収録時間 4分5秒

■レッスン3:スピネーションとプロネーション

フラットな当たりで強いボレーを打つとき、ヒジから先の前腕部を、バックボレーの場合は外側に回すスピネーションを、フォアボレーの場合は内側に回すプロネーションを、少しだけ入れてください。こうすることで、ラケット面をフラットに保ったまま、浮かせてしまうことなく、厚い当たりで相手コートに弾き飛ばすことができるようになります。

収録時間 4分30秒

■レッスン4:ポーチに活用

「ボレーはスライス」にとらわれていると、効果的なポーチを打てません。決定力に欠け、大振りするとミスも出ます。その点、フラットボレーなら面をボールの飛行線上にセットしておいて、「線」で捕えにいけるのだから、ミスが出にくくなります。また、エネルギーを回転に奪われないから、小さな動作でもパンチを利かせて打てるようになります。

収録時間 4分17秒

■レッスン5:遠いボールはスピンボレー

遠いボールは、少し「下向き感覚」でボールを捕えにいくと、うまい具合にインパクトできるようになります。腕を目いっぱい伸ばしたら、前腕部を内側に回す、つまりフォアボレーなら打球方向に向かって前にラケットを倒すプロネーションを入れるようにしましょう。スピンをかけて浮かせることなく、安定したボールを返球できるようになります。

収録時間 4分10秒

■レッスン6:ローボレーはスライス

これまでフラットボレーを中心に紹介してきましたが、もちろんスライスボレーは必要ない、というわけではありません。これは、打つショットの目的により使い分けるべきです。ローボレーは、ゆっくりと飛んでいくスライスで打ったほうが得策。体勢を立て直す時間が生まれるのと同時に、バウンド後は低く滑るので、相手に打ちにくくさせる効果があります。

収録時間 4分31秒

■レッスン7:ハイボレーはスウィング

「ボレーはスウィングせずに打つ」と教えられた人も、少なくないと思います。しかしハイボレーは、スウィングするべき。なぜなら、ハイボレーはスピードのないボールに対して仕掛けるショットだからです。当てるだけでは飛ばせないし、決められない。しっかりとスウィングして、たたくというのがハイボレーのポイントになります。

収録時間 3分36秒

指導者プロフィール

海老名正明(えびな・まさあき)

ブレントウッドインドアテニススクール・ヘッドコーチ。テニス専門誌での明解な技術指導で全国にファンを持つ人気コーチ。テニスストリームTV技術アドバイザー

加藤季温(かとう・としはる)

04年にプロ転向。07年全日本選手権では波形純理とのペアで混合ダブルス優勝。新運動理論プライマリーモーションを取り入れた指導法で多くの一般テニス愛好家を上達に導いている。

早川克意(はやかわ・かつい)

プレーヤー時代は日本リーグ選手として活躍。現在はIHSMテニスガーデン綾瀬ヘッドコーチとして一般クラスを担当するかたわら、ジュニア選手の育成に力を注ぐ。

テニスストリームTV DVDマガジン
上達の玉手箱vol.3

制作・著作:株式会社クロスメディアオンライン

形式:Color,Doiby
リージョンコード:リージョンALL
ディスク枚数:1
時間:67分

販売元:株式会社クロスメディアオンライン
DVD発売日:2012年4月1日

テニスストリームTVオンラインショップの購入ガイド

テニスストリームTVオンラインショップでの商品販売について

当オンラインショップ商品の購入をご希望の方は、該当商品の詳細ページにて内容を確認後、購入手続きを行ってください。当オンラインショップのご利用手順等はショッピングガイドページにてご案内しています。