動画でテニスが上達するテニスストリームTV

ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

twitter
テニスストリームTVオンラインショップ商品の詳細
上達の玉手箱vol.6

DVD マガジン上達の玉手箱 vol.6

指導/橋爪宏幸

このDVDには、『ダブルス 攻めのポジショニング』(指導・橋爪宏幸)、『ダブルス 攻めのポジショニング2』(指導・橋爪宏幸)の2つのレッスン番組が収録されています。

定価 ¥3,024(税込)

配送料は無料です!(配送方法:クロネコメール便)

【お支払い方法】

支払い方法
商品をカートに入れる

◆このDVDには以下の2つのレッスン番組が収録されています

『ダブルス 攻めのポジショニング パート1』

◆ポジション取りと動き方の基本を学ぶ

■レッスン1:ダブルスは前衛の動きが勝敗を分ける

サービスダッシュをして並行陣をとった段階での前衛のポジショニングを解説します。ダブルスはボールを打っていない人の動きが勝敗を分けるといっても過言ではありません。サービスゲームでは、パートナー(前衛)の動き方次第で得点チャンスを格段に広げることが可能です。

収録時間 6分53秒

■レッスン2:正しいポジション取りでセンターを攻める

ダブルスで相手コートにオープンスペースを作るコツは、二人で一つのボールを追わせることです。相手コートのセンターに打って相手二人をセンターに動かせば、オープンスペースが広がってきます。また、相手から角度のあるパスを打たれにくくなる点もセンターを攻めるメリットの一つです。

収録時間 6分56秒

■レッスン3:並行陣は捨てるスペースを作って攻める

相手ペアに「打つ場所がない」と思わせる秘訣は、ボールの飛んでくる可能性が低いスペースを捨ててポジショニングすること。今回は、1stボレーをストレートに打って攻めるシーンを例に、捨てるスペースの作り方を紹介します。ボールの飛んでくる可能性の低いスペースを予測できれば、守らなければいけないスペースに戦力をつぎ込んで効率のいい攻撃ができるようになります。

収録時間 7分4秒

■レッスン4:前衛の動きで好リターンをポイントにつなげる(1)

私が試合で対戦相手のダブルス力を判断する基準の一つが、リターンサイドの前衛の動きです。なぜなら、ゲームの流れに対応する能力が一番問われるのが、このポジションだからです。今回は、前衛の基本的な動きを踏まえた上で、さらに攻撃的に仕掛ける戦術を紹介します。

収録時間 7分1秒

■レッスン5:前衛の動きで好リターンをポイントにつなげる(2)

今回は、レシーバーのリターンがクロスのいいコースに飛んだ時の前衛の動きを中心に、好リターンをポイントにつなげる方法を紹介します。サービスダッシュしてきた相手に対してパートナーがクロスにいいリターンを打った場合、返球される確率がもっとも高いのはストレートです。ショートクロスの守りは捨てて、サーバーと前衛の二人で残りのエリアを守る意識を持ちましょう。

収録時間 7分3秒

 

『ダブルス 攻めのポジショニング パート2』

◆強いダブルスペアのポジショニングを学ぶ

■レッスン1:ダブルスの台形ラリーに強くなろう

相手の陣形を崩したり、ゲームの流れを変えるのに有効なのがロブですが、ロブによって相手陣形を動かしたら、それにともなって自分たちのポジションも変えていかなければなりません。今回は、ストレートロブから台形ラリーに展開したシーンを取り上げて、正しいポジション取りと攻め方のアイデアを紹介します。

収録時間 9分30秒

■レッスン2:並行陣の賢いロブ対応術

リターン側が相手より先にネットを取る作戦として有効なのが、ストレートへロブリターンを打ってネットへ詰める方法です。しかし、せっかく二人でネットへ出ても、相手にロブを打ち返されて簡単に陣形を崩してしまっては元も子もありません。今回は、ロブリターンから並行陣の展開した場合のポジション取りと攻め方について学んでいきましょう。

収録時間 10分50秒

■レッスン3:リスクを抑えたポーチ戦術

ポーチというと華やかなプレーのイメージがありますが、実はかなりのリスクを負ったプレーであることをまずは自覚してください。ポーチ1本で決まればリスク回避のポジション取りは不要ですが、実際に100%決まるわけではありません。万が一、相手に返球された場合にはどうすればいいか。そこまで二人で考えてポーチを実行するのが、強いペアなのです。

収録時間 10分14秒

■レッスン4:スマッシュからの得点力アップ

スマッシュ1本でポイントが決まれば問題はありませんが、万が一、相手に返球された時の準備ができているかどうかで、ダブルスの得点力は大きく変わってきます。返球された時の準備をするのはスマッシュを打たないプレーヤーの役割です。スマッシュの次に起こりうる可能性のある状況をイメージして次に備えることが、ダブルスのコンビネーションとなるのです。

収録時間 7分59秒

■レッスン5:縦ポーチを覚えてダブルス力を強化

1stボレーを打った後、相手後衛がふたたびクロスに返球してきたら、1stボレーを打ったクロス側のプレーヤーが詰めてボレーする、いわゆる縦ポーチと呼ばれる作戦です。プロはもちろん、草大会の強豪ペアは必ずといっていいほど、この作戦を使ってきます。

収録時間 7分31秒

指導者プロフィール

橋爪宏幸(はしづめ・ひろゆき)

1959年生まれ、東京都中央区出身。中学1年の時に部活でテニスを始める。麻布学園時代はインターハイに出場。これまで草トーナメントで200大会以上に優勝。主なタイトルは田園オープン3連覇、軽井沢国際テニストーナメント、三鷹ニューイヤー、プリンスカップ海外大会4度出場、横浜市民大会一般ミックスなど。プリンス・アドバイザリースタッフ。

テニスストリームTV DVDマガジン
上達の玉手箱vol.6

制作・著作:株式会社クロスメディアオンライン

形式:Color,Doiby
リージョンコード:リージョンALL
ディスク枚数:1
時間:82分

販売元:株式会社クロスメディアオンライン
DVD発売日:2013年1月5日

テニスストリームTVオンラインショップの購入ガイド

テニスストリームTVオンラインショップでの商品販売について

当オンラインショップ商品の購入をご希望の方は、該当商品の詳細ページにて内容を確認後、購入手続きを行ってください。当オンラインショップのご利用手順等はショッピングガイドページにてご案内しています。