ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

twitter
動画レッスンサーチ 新着順一覧へ カテゴリー一覧へ

見たいレッスンをキーワードで入力してください。

検索ヘルプ

公開日

2017.4.18

終了予定日

2017.4.24

>バックハンドストローク編

●片手打ちバックハンド
片手打ちバックハンドは、ナチュラルスピンで、スピードよりもコントロールを重視して打ちます。ミスしないというのが、最も大切。
ショットが安定しないという場合、上体が高くなっていないかどうか、チェックしてみましょう。ボールの下に体を入れるイメージを持つと、安定させやすくなります。

また、ボールがバウンドする前には、テークバックを完了させるようにしてください。ボールに対してしっかりと後ろに引き、スウィングできる距離を確保した上で、インパクトに向かうようにしましょう。

●ライジング
相手のボールが浅くなったら、バックハンドでもコートの中に入って、攻めていきましょう。テンポを早めて、相手に時間を与えないようにするライジングで返球します。

肩を入れた状態で斜め前に向かってボールに近づき、打つ準備を整えてください。スウィングは、インパクトで止めるイメージを持ち、壁を作って打ち込みます。右足で踏み込んで、打ったあとも右足で着地するようにすると、体が開かずに壁ができるので、正確に打てるようになります。

●バックハンドスライス
バックハンドスライスは、相手に攻撃されにくいボールを打つことができます。ディフェンスとしてはもちろん、チェンジオブペースとしても使いやすく、相手のミスを誘えるようになるでしょう。

スライスの質を高めるためには、インパクト後、スウィングを体の右側に抜くのがポイント。前に押し出すのではなく、横に振り抜きます。これを心掛けると、ショットが安定し、さらに滑るスライスが打てるようになります。(配信終了日:2017年4月24日)

動画再生をする


※この動画レッスンシリーズは『DVDマガジン 上達の玉手箱 vol.4』(定価3,024円)に収録されています。



上達の玉手箱 vol.4

動画ボタンが変わりました

<お知らせ>
「MPEG4」「QuickTime」「Flash」の各ボタン(旧動画配信システム)は2017年3月31日に終了しました。


プレミアム会員専用動画レッスンの視聴ガイド

テニスストリームTVプレミアム会員入会のご案内

プレミアム会員専用動画レッスンは、テニスストリームTVプレミアム会員(月額540円)の専用サービスです。

動画レッスンの視聴環境

プレミアム会員専用動画レッスンは、以下の視聴環境でご覧いただける動画を配信しています。

視聴環境
デバイス 仕様
OS PC

Windows Vista以上/Mac OSX以上

iPhone/iPad

iOS3以上

Android

Android2.3以上

CPU PC

Pentium4 1.8GHz以上

ブラウザ PC

Internet Explorer 9以上/Firefox/Safari/Chrome

※CookieとJavascriptを有効にして下さい。

Flash Player PC

Ver 11.2以上

iPhone/iPad

不要

Android

不要

動画は高速インターネット回線(光、ADSL、ケーブルTVなど)で視聴してください。ご使用のPC、タブレット等のスペック性能、またインターネット接続回線の通信速度によっては動画のダウンロードに時間がかかる場合や正常に再生できない場合があります。動画の視聴に関する不具合については「よくある質問(動画視聴について)」をご参照ください。

おすすめレッスン動画
動画でテニスが上達するテニスストリームTV