ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

twitter
動画レッスンサーチ 新着順一覧へ カテゴリー一覧へ

見たいレッスンをキーワードで入力してください。

検索ヘルプ

公開日

2018.7.10

終了予定日

2018.7.16

>ハーフボレー・入射角と反射角

ハーフボレーを打つ際に、面の角度を変えてラケットを操作したり、あるいはすくい上げるようにしてネットを越えさせようとしたりするプレーヤーを見かけます。しかしそんな必要は、一切なし。逆に小細工を加えればミスを増やす原因にもなりかねません。
 
入射角と反射角で分かるシンプル打法を紹介しましょう。何の小細工も必要とせず、簡単にハーフボレーが打てるようになります。
 
ボールがバウンドする際の、コートに対する入射角と反射角は等しくなります。そしてインパクトする際のラケット面に対する入射角と反射角も、面を垂直に保っておけばやはり等しくなります。下から跳ね上がってくるボールを捕らえるので、返球は必ず持ち上がるということ。つまりこの場合、面を開いたりすくったりすることなく、その場で垂直にセットしておきさえすれば、ボールは必ずネットを越えて相手コートに返ることになります。
 
その上で深さを出したい場合には、必要な分だけ後ろから前に水平にスウィング。短く落とす場合はラケットの動きを止めれば、うまくコントロールできます。
 
ただし、相手のボールに強烈なトップスピンがかかっている場合に限っては、注意が必要。この場合は回転の効果によりインパクトでボールが上ずりやすくなるから、少しだけ面を被せるようにして、押さえ込むようにするのがコツです。(配信終了日:2018年7月16日)

動画再生をする


※この動画レッスンシリーズは『DVDマガジン 上達の玉手箱 vol.1』(定価3,024円)に収録されています。



上達の玉手箱 vol.1

動画ボタンが変わりました

<お知らせ>
「MPEG4」「QuickTime」「Flash」の各ボタン(旧動画配信システム)は2017年3月31日に終了しました。


プレミアム会員専用動画レッスンの視聴ガイド

テニスストリームTVプレミアム会員入会のご案内

プレミアム会員専用動画レッスンは、テニスストリームTVプレミアム会員(月額540円)の専用サービスです。

動画レッスンの視聴環境

プレミアム会員専用動画レッスンは、以下の視聴環境でご覧いただける動画を配信しています。

視聴環境
デバイス 仕様
OS PC

Windows 8.1以上または7/Mac OSX以上

iPhone

iOS8以上

Android

Android4.1以上

CPU PC

Pentium4 1.8GHz以上

ブラウザ PC

Internet Explorer 11以上/Firefox/Safari/Chrome

※Internet Explorerは上記対象OS上での最新版のみサポートです。
※CookieとJavascriptを有効にして下さい。

Flash Player PC

Ver 18以上

iPhone/iPad

不要

Android

不要

動画は高速インターネット回線(光、ADSL、ケーブルTVなど)で視聴してください。ご使用のPC、タブレット等のスペック性能、またインターネット接続回線の通信速度によっては動画のダウンロードに時間がかかる場合や正常に再生できない場合があります。動画の視聴に関する不具合については「よくある質問(動画視聴について)」をご参照ください。

おすすめレッスン動画
動画でテニスが上達するテニスストリームTV